考えながら行動をする

コラムテーマ:
自分を成長させる

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

おとといは川崎、昨日は愛知、今日は浜松でのご支援です。

昨日訪問したところもそうですが、最近お付き合いをし始めた医院は、本当に行動力があり、楽しいです。

だいたい支援は5時間程度ですが、1時間あたりの質が本当に高く、無駄がありません。

時間は大切ですね。

先日、船井総研の会議で、私の同期がとてもいいことを言っていました。

「量が質に転化する」


そんなわけがない!!と。

この意味が正しければ、

イチローよりも佐藤琢磨よりも中田英よりも、世の中には練習量が多い人はたくさんいるはずだから、もっと有名になっているはずだと。

なかなか面白いですね。

では何が大切であるか。

考えながら、行動をすることが大切だといいます。

まさに、その通りだと思います。

「考える」と「行動する」で4分類に分かれます。

①考えながら、行動をするタイプ


②考えずに、行動するタイプ


③考えるが、行動しないタイプ


④考えずに、行動もしないタイプ

となります。

④は論外です。

②はよく医療スタッフにあらわれがちです。

院長に言われたことをそのまま行動している方。

「院長に言われたとおりやったのに・・・何で???」

と②だとそういうことが起こります。

頑張ってはいるが、なかなか報われないタイプですね。

人に与えられた仕事を、考えるようになれば、この方は見込みはあります。

③は正義感の強いタイプ、愚痴や言い訳ばかり言っている後ろ向きタイプに多いですね。

個人面談では、色々というが、

「そんな愚痴や言い訳をしているあなた自身は、行動しているの??」

といいたくなります。

つまり、①ゾーンのスタッフがどれだけいるかということですね。

③と④ばかりが多いと危険です。

②の方は見込みがあります。

考える習慣を付けさせましょう。

頑張ってください。

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る