歯科の自費カウンセリングノウハウ(2)

2009年07月17日 (金)

コラムテーマ:
自費率向上ノウハウ

こんにちは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。


前回の続きの自費カウンセリングノウハウについてお話したいと思います。


カウンセリングの基礎となるものとして、話し手のマインドが重要であるというお話をいたしましたが、


次に重要なのは、「対象となる患者を選ばず」、すべての方に自費診療の説明を行うということです。


もちろん、保険についてのお話もあわせてさせていただき、メリット、デメリットもあわせて説明することも、不信を招かないポイントです。


選択は、患者さん側が行うことであり、医院側の適切な情報発信が重要になりますね。


マーケティング的にも一部の方に説明を行うよりも、すべての方に説明を行う事で、自費金額は大きく変わることでしょう。

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る