自費カウンセリング勉強会

コラムテーマ:
歯科医院経営

今日はスタッフさんと自費カウンセリング勉強会を行った。
自費カウンセリングを何のために行うかというと自費を増やすためだがそのポイントはカウンセリングのトーク内容ではない。
実はより多くの患者さんにカウンセリングをしていくことである。
提案する患者数が多ければ多いほど自費を選択する患者数は増える。
そうなると院長以外に説明できるスタッフさんが必要になる。
次にスタッフさんに説明してもらう場合のポイントはいつ説明するのかというタイミングだ。
例えばインレーであれば「表面麻酔後、形成前にインレーの説明をする」
クラウンであれば「根充時デンタル撮影前に、ユニットでクラウンの説明をする。」
これを決めておかなければ説明するタイミングを逃してしまいカウンセリングシステムが定着しない。
どのタイミングでどの場所で何を話すのかを決めておくことが全員に提案できるためのカウンセリングシステムであり自費が増える要である。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る