自費率を高めるためのステージ

2013年04月07日 (日)

コラムテーマ:
自費診療を増やす

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

本日は岡山で歯科医院経営基礎セミナーでした。

明日は埼玉県ですので、今、東京に向かっています。

今日の内容は、歯科医院経営における基礎の経営ノウハウでしたが、

皆さま、課題を見つけることができて、お帰りいただけたようです。

今日もある医院さんに経営相談でお話していたのですが、

自費率を高めるためには、各ステージごとでやることが違います。

もちろん、高くなれば、なるほど、時間も費用もかかってきます。

大きく分けて

①自費率20%を目指す


②自費率30%を目指す


③自費率50%を目指す

①の場合は、

・自費診療メニューをしっかりと作り

・情報発信物(ポスター、小冊子、模型)を作り

・誰もが説明できるくらい、超シンプルなコンサルの流れを作り

・全対象患者様へ説明する

ことを徹底してやっていただけたら、目指せるはずです。

このステージでは、提案力などはあまり必要ないでしょう。

②を目指すと、

少しずつ提案力が必要になってきます。

よって、新患カウンセリングやセカンドカウンセリングでいかに患者様の

情報やニーズ、生活習慣をキャッチし、いかに提案に結びつけることができるか

が決め手ですね。

ですので、このステージでは、ある程度コンサルティングに向いている

適任者を数名に絞ったほうがよいでしょう。

③の50%では、専門性の追求といったステージです。

よって

・価値が伝わるための治療計画ソフトの導入

・安心、安全のための投資

などコンサル力だけではなく、圧倒的な他院との差別化が必要となります。

ぜひ、どのゾーンを目指すかを決めていただき、

こちらの内容を参考にしてみてください。

応援しております!!

頑張ってください!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る