歯科医院の自費診療【見積書と契約書】

2009年10月23日 (金)

コラムテーマ:
自費率向上ノウハウ

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

自費診療の契約を行う場合、治療内容を明示したものと費用を示した見積書や、契約書をご用意されていますでしょうか?

しばしば口頭のみで治療契約をすませ、治療に入っていっているという事例を見聞きいたします。

患者の視点から考えるとこのような対応は不信を招く可能性があります。

例えば、10万円以上の商品、サービス(例えば、貴金属、車、金融商品、エステ、等々)を購入する場合、料金が書面で明示されない、といった場合は無いのではないでしょうか。

また、同時に治療に伴って発生するリスクも明示をしておく必要があると考えます。

「治療内容の説明時にリスクも伝えていますよ」というお話をよくお聞きしますが、患者さんは覚えていないものです。

覚えていないということは伝えたことを立証できないということであり、後々のリスクを増大させることになります。

契約書と同時に示しておくことが大切でしょう。

リスクをきちんと話しておくことは逆に安心感を与える要因となります。

高額な商品を購入する場合、良いことばかりで、何の注意点やリスクも無いことは無い、

ということを購買経験を積んだ賢い消費者は知っているからです。

したがって、契約時に注意点やリスクをきちんと説明することは、安心感と信頼感につながる重要ポイントであると考えます。

また、この際に治療後のアフターメインテナンスが重要であると伝え、定期健診への来院を促すことも併せて伝えるとよいでしょう。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る