船井総研恒例行事!全社研修会!

2014年01月09日 (木)

コラムテーマ:
船井総研イベント

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

本日は、大阪の医療機関様のご支援でした。

1月5日、6日と毎年恒例の船井総研社員全員が集まる

全社研修会でした。

私は10回参加しているわけですが、一番刺激となる会でした。

その理由は、

船井総研がグレートカンパニーになることを実感できた

からです。

私が入社した時代は、採用方針がスター採用でした。

だから、

ヒトをカリスマに育てる

カリスマだけが評価される

という時代でしたので、上位20%の社員しかピックアップされないという現状がありました。

ただ、その時代には、

カリスマに憧れる時代でしたので、みんながそのモデルを見つけて

必死にコンサルティングスキルを高めるという形でした。

今は、違います。

カリスマはいらない


全社員が必要な人財となり、

コンサルタントだけではなく、コンサルタントを支えてくださる総務・経理・財務・サポートチームなどのスタッフも含めて、全員で成長する流れです。

時代が変わったことが、思いっきり実感できた研修会でした。

なぜ、方針が変わったか。

いうまでもありません。

社長が変わったからですね。


社長が変わると方針も変わる。


そうすると、育つヒトも変わるんですね。

私は前任社長に憧れて入社しましたし、その社長を今でも尊敬していますが、

今の高嶋になって、船井総研に対する帰属意識は更に高まった気がします。

どちらが正解、不正解ではありません。

時代に合わせた組織つくりが必要ということです。

社長の方針が変わるということは

一社員である私自身もマインドを変える必要があります。

ブログをお読みいただいている皆様は

ほとんど院長先生、つまり経営者であると思います。

やはり、方針は最も大切です。

笑顔、挨拶、約束、協調性、コミュニケーション能力・・・

いろいろとあります。

これをスタッフに求めるためには、

一番院長先生である経営者が見本とならなくてはなりません。

頑張っていきましょう!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る