行動力の重要性

2009年10月31日 (土)

コラムテーマ:
松谷読了本

こんにちは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

昨日は、東京の医院様にうかがった後、兵庫の医院様へ夕方から移動しました。

本日は岡山の医院様へ伺ってきました。

最近読みました、本で参考になりました本です。

成果を上げるためには、とにかく、行動することが最短距離である、という法則等を説明しています。

特に「ある成功した専門医S先生の言葉」として上げられている言葉が印象的でした。

その専門医S先生があるDrからこのように質問されたそうです。

「どうしたら、毎月30名の新患さんが来てもらえるでしょうか?」

このように答えたそうです。

「私は30人の新しい患者さんに来てもらうひとつのやり方は知りませんが、1人の新しい患者さんに来てもらう方法を30通りは知っています。

そして私はその30通りをすべて実行するのです。」

これを大量行動の原則と名づけられていました。

何らかのヒントになることと思います。

大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」/ダン・ケネディ
¥1,470
Amazon.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

■『歯科医院業績アップ倶楽部』
2009年11月3日(火・祝)10時~17時 船井総合研究所 大阪事務所

2010年1月10日(日) 11時~17時 船井総合研究所 東京事務所

2010年1月17日(日) 11時~17時 キャナルシティ博多

現在、船井総研主催で『歯科医院業績アップ倶楽部』という経営勉強会を行っております。
・業績を上げていが、何から始めたら良いのか分からない
・成功している他院の院長の話を聞いてみたい

という歯科院長にオススメの勉強会です。
また、今回お申し込みいただきますと、初回特典として『無料』にてご参加いただくことができます。

↓↓お申し込みはコチラ↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/study/mfts_1244803755_2.html

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る