視点を変え柔軟な発想で採用する

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

本日は歯科医院業績アップ実践倶楽部 の東京会場での勉強会でした。

歯科医院業績アップ実践倶楽部 とは継続型の勉強会で、3ヶ月に一度先生方に

集まっていただいて、医院の取組みなどを発表していただいたり、私たちから

3ヶ月間の動向などをお話させていただいたりしているものです。

現場で実践している事例がざくざくと出てきますし、ディスカッションを

することでアイデアがブラッシュアップされていくところがセミナーとは異なる

特徴と言えるでしょう。

今日も採用に関する話の中で、助手、受付の採用をどうしたら上手に採用できるか

という話の中で、例えば、助手受付を採用するなら、視野を広げて、

技工士の資格を持つ方を採用すれば、専門的な知識も

持ち合わせているので、習熟が早い、といった事例が出てきました。

あるいは、衛生士の採用が難しいのであれば、若手の勤務医を採用し、

一部衛生士業務も手伝ってもらいながら業務分担を行っていく事例など

発想を少し変えることで、現状の課題をクリアする方法が出てきました。

院内で1人で考えているとこの発想は出なかったというDrもいらっしゃり、

小さなことかもしれませんが、こういう部分から医院改革のきっかけが生まれたりします。

ありきたりの事例ではなく、現場に即した事例を今日も得ていただけたのではないかと思います。

ご興味ある方は、初回のみ無料でお試し参加が可能なので、お問い合わせ下さい。

http://www.funaisoken.co.jp/site/study/mfts_1244803755_2.html

次回の予定は東京会場2011年1月10日(月・祝)大阪会場1月16日(日)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ内容へのご質問、歯科医院コンサルティングの質問等は下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る