診療明細領収書の内容について答えられる体制を作っておく

コラムテーマ:
歯科医院経営

今日は大阪の医院に伺っておりました。


今日は特に暑いですね。


個人的には暑さには強いほうなのですが、体調管理に気をつけたいです。


コンサルティング先の歯科医院で最近、診療明細領収書の発行をするようになった医院が何医院かあります。


そういった歯科医院で起こる可能性があることのひとつとして、「患者さんから明細の項目について質問がある」ということです。


例えば、「初診料」「歯科疾患管理料」「歯科衛生実施指導料1」「歯周基本検査」などは文字だけでは分かりにくいでしょうから、問い合わせがある可能性が出てきます。


そういった、場合に備えて、特に受付スタッフさんにおかれましては、答えられるように準備しておくことが、歯科医院の受付スタッフという前に、医療人として、保険医療機関として、基本なのではないかと思います。


しかし、なかなか、突然の質問に対して、明確に答えられないこともあるようです。


そうなりますと、患者さんからの信頼度が下がってしまうでしょう。


私は、答える内容をあらかじめ決めておき、問い合わせに対応できるようにしていただいています。


例えば、「歯科衛生実施指導料1」 であれば、「お口の健康を保つためにお口の状態に応じてアドバイスさせていただく費用」といった具合でしょうか。

(項目ごとに正しい定義があると思いますので、あくまで参考ということで・・・)


御院でも必要に応じて準備をくださいませ。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る