講演をさせていただきました

2010年07月26日 (月)

コラムテーマ:
経営セミナー

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

朝日大学歯学部北井則行教授 の学術後援団体である

「ひこばえ会」が主催する講演会でお話をさせていただきました。

大阪大 出身の開業医の先生や朝日大学 の医局員の

先生方30名くらいにご参加いただきました。

テーマは「今後5年間の矯正歯科医院経営のあり方」

という内容でさせていただきました。

例えば、初診の診療フローに基づいて、

より患者ニーズにマッチしたコンサルティングをする方法

や上手く運営できている医院の共通項などをお話させていただきました。

質疑応答の時間も設けさせていただきましたが、大変鋭い質問も多く、

普段からの問題意識、課題意識も常にお持ちの様子が伝わってまいりました。

一般的に歯科業界は厳しいと言われていますが、私はそのようには考えておらず、

正しい目的に向かって適切な手段をとることで、

上手く行っている方々を目にしているので

十分対応法はあると考えています。

昨日もご参加の先生方とお話して改めて感じました。

若い医局員の方々とのお話する機会ありましたが、開業を目指して

今からきちんと目的意識持って準備されていたので、何か心強く感じました。

ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

この場を借りて感謝申し上げます。

船井総研歯科コンサルタント松谷直樹『3分で学べる歯科医院経営』
船井総研歯科コンサルタント松谷直樹『3分で学べる歯科医院経営』

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る