歯科医院における適切な駐車場台数について

コラムテーマ:
増患ノウハウ

こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。


郊外立地の医院の院長から「歯科医院の適切な駐車場台数は何台ですか?」


というご質問を先日いただいたので、このように回答させていただきました。


私が、多くの医院を見ていると、「チェア台数×2~2.5倍」が適切だと思います。


上記の根拠は30分アポで、患者がフルに入った場合、仮にチェア台数が4台だとすると、


診療台に4名、待ち患者が次の患者4名で8名ということです。


さらに、新患が入ることを想定すると、10台でもよいかもしれません。


都心立地、駅前立地の医院の場合は、駐車場はなかなか取れないとは思いますが、


できれば準備できると良いと思います。


また、患者さんが駐車をしやすいように、白線を引いたり、ブロックをしておくことも必要と思います。


よろしくお願いします。


 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで弊社船井総合研究所メディカルグループからのお知らせです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記

アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る