集客数と成約率はどっちが大切??

コラムテーマ:
患者様を増やす

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

一昨日は埼玉県、昨日は神奈川県、今日は東京でただ今大阪に戻ってきております。

今年は、歯科医院業界はなかなか業績を伸ばすことが大変です。

会社にくる相談件数も今までに比べるとかなり多いです。

昨日のご支援先で、うれしいことがありました。

4ヶ月前から立ち上げた

『新患30名安定化プロジェクト』

今までずっと20名前後であったのが、

ついに爆発し、6月は新患数が42名に!!

喜ばしいことです。

さらに、

ホームページ

紹介

と、バランスよく獲得できていることが素晴らしい。

最高です。

ホームページからの来院は今までの3倍くらいになったのですが、

要因はアクション率が若干高まったこともあるのですが、ユーザー数が1.7倍くらいになったことが一番大きいです。

今日のテーマは、

「集客数と成約率はどっちが大切??」

ですが、

結論からいいますと、

当然、どちらも大切です。

ただ、どちらが効果があるかと申し上げますと、

成約率よりも集客数を伸ばすべきであるのです。

これは数字で置き換えてみると簡単です。

たとえば、ホームページで話を進めていきましょう。

HP来院が10名を20名にしたいとします。

そして、ユーザー数が500名(アクション率2%)と仮定します。

そうすると、やることは2つあります。

①ユーザー数を増やすか


②アクション率を増やすか

ユーザー数を1000名と倍にしてアクション率が2%であると、20名到達!!

アクション率を4%にして、ユーザー数が500名であると、20名到達!!

恐らく簡単なのは、前者ですね。

お金をかけたらできる話ですので。

ただ、質の高い患者様を集めたりしたい場合は、やっぱりアクション率を高めるべきでしょうね。

このように取り組みは、先生方の方針によって、180度変わってきます。

頑張ってください!!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る