顧問先医院の評価

2009年02月25日 (水)

コラムテーマ:
優れた院長の思考

こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

船井総研で歯科医院コンサルタントの仕事をしていると、よく「松谷さんのオススメの歯科医院を教えてください。」

といわれることがよくあります。

先日先輩コンサルタントのKさんに同じご質問をいただいたので、顧問先のA医院をご紹介差し上げました。

丁度Kさんの自宅から近かったからです。

Kさんいわく「今まで行った医療機関の中で、ダントツに良かった」という評価をいただきました。

コンサルティングさせていただいている者として大変うれしかったです。

具体的にどのような部分はよかったかお聞きしたところ、

Kさん「僕は歯科の治療についてはわからないんだけど、まず、自分の歯の現状を説明してくれて、

こんな資料をもらえたのがはじめてで感激した」

あと、とにかく、皆さんが優しい、笑顔も良かった。

治療技術の差異はわからないのでやはりそのような点で評価してしまうね。」ということでした。

患者視点からの見方をまさに示している言葉だと思いました。

もちろん、治療技術がベースにあっての付加的なサービスだ思いますが、患者視点からは外せないものだと思います。

スタッフの対応力の向上は一朝一石にはできないものです。

その点こちらの医院は入所当時からの教育が行き届いており、長年の努力が実を結んでいると思います。

具体的には毎月のミーティング内で毎月患者対応の重要性や、医院の考え方を何度も言い方を変えながらもメッセージしておられます。その点がスタッフさんに浸透しているということです。

改めて接遇力の患者に対するインパクトを感じた出来事でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

当ブログ執筆者松谷直樹がお話しするセミナーがございます

2009年3月15日(日)に歯科医院経営半日セミナー歯科医院経営 基礎セミナー<広島会場> を行います。簡単!わかりやすい!そして効果のある!内容を凝縮してみました。
詳しくはこちら

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る