【歯科経営】高校野球と医療スタッフの共通点

2010年08月21日 (土)

コラムテーマ:
歯科医院経営の考え方

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

皆様、こんにちは。

船井総研 メディカルグループ 医療コンサルタントの戸澤良親です。

ただ今、旭川から札幌に向かっています。

そして、明日は東京でセミナーですので、東京に夜帰ります!!

皆さん、甲子園の決勝戦(興南ー東海大相模)ご覧なりましたか?

すごかったですね!興南高校の巧打力は!!

結果、13対1で興南高校が優勝!そして、歴代6校目の春夏連覇です。

高校野球が好きすぎて、思わずブログに書き込んでしまいました・・・

ここからは本題ですが、

高校野球と医療スタッフはすごく似通っていると私は日々感じています。

高校野球は、どんな優秀なバッターやピッチャーが入部しても3年間で卒業してしまいます。

歯科医院や医療機関でも、院長先生が頼りにしているカリスマスタッフがいたとしても、結婚などで依願退職する可能性があります。

ダルビッシュ投手や中田選手が永遠に在籍しているのであれば、

東北高校やPL学園は甲子園に出る可能性がぐんと高くなるかもしれないですが、そうではないのです。

だから面白いのですが。

ぐだぐだと何をいいたいかと申し上げますと、

みなさまには、初出場校型歯科医院ではなく、名門校型歯科医院になっていただきたいのです。

つまり、1人のスタッフに頼らなくても、たとえ優秀なスタッフが退職したとしても、ほとんど影響のでない医院を創り上げることです。

教育のシステム化です。

入社して6ヶ月経てば、どのような新人スタッフでも、ある程度同じ能力になるようにしていくための教育スケジュールや評価体系を組み立てていくのです。

5割バッターを1人育てるよりも、3割バッターを9人育てる方が賢明です。

そして、そちらの方が難しいです。

今日は、高校野球を例に出して、お伝えさせていただきました。

本日も御忙しい中、お読みいただいている方、本当にありがとうございます。

心から感謝しています。

 

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る