【歯科 リコール/メンテナンス対策】3ヶ月で患者数を確実に増やす方法

2008年05月18日 (日)

コラムテーマ:
増患ノウハウ

こんばんは。

株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

今日は患者数を増やしたいという医院様に向けての内容です。

患者数を増やす方法はいくつかあると思いますが、私のコンサルティング経験の中で最も確実で有効だったのは、リコール率を80%以上にすることでした。リコール期間を3ヶ月においた場合、3ヵ月後からレセプト数が伸び始めます。

過去数十院の医院で試してみましたが、ほぼ100%の医院様で効果的でした。

ステップは大きく分けて4つあります。

(1)リコールについての説明を行い、患者さんのモチベーションをアップさせる

(2)3ヵ月後のリコールの予約を本日とることを患者さんに希望していただく

(3)受付で予約をとる

(4)ご予約日の2週間前に医院から電話で確認のご連絡を行う。

簡単に言うと以上である。はがきも使わない。(はがきを使うことでリコール率は逆に下がるのである。)

かかる費用は電話代のみである。電話

これで最低60%は達成できる。最高90%以上のリコール率を達成している医院もある。

詳しい方法は次回以降に述べて行きます。

経営のご相談ご質問、、コンサルティングの質問等ありましたらmatsutani@funaisoken.co.jp

㈱船井総合研究所 メディカルグループ 松谷直樹までお願いいたします。

—————————————————————-

 

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る