歯科医院開業の成功ポイント

2008年10月26日 (日)

コラムテーマ:
開業ノウハウ

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

本日、矯正歯科医院向けセミナー が終了しました。

好評でしたので、DVDとして販売予定です。

完成いたしましたら、またご連絡させていただきます。

今日は歯科医院開業のポイントについてお話しようと思います。

といいますのは、ここ1年ほど開業に関する相談が増えています。

開業前からソフト面に十分な準備をしておこう!という、若い先生方の時流を感じます。

ソフト面に十分準備をしておくことで必ず成功に近づくことでしょう。

1.立地

当然のごとく、立地は重要ですが、単に人口動態や通行量が多い、近隣の医院数の多少という基準データのみでは、成功条件とはいえないと思っております。

といいますのは、明らかに立地が悪い医院さんでも患者さんが来ておられたり、付近に近隣医院が25件あります。という医院さんでも十分以上の成果を上げている医院さんもあるからです。


従って、付近に強力に患者さんを多く集めている医院さんの近くは止めておいた方がよいでしょう、ということです。

「医院の数」ではなく、「医院の質」です。


患者さんを集めている医院さんの近隣では、既に口コミが形成されている可能性がありますので、競合状態になると難しいと思います。

そのような観点も合わせていれることをオススメします。

2.コンセプトの重要性


今後開業される歯科医院には、初めからコンセプト、簡単に言うと特徴を持たせて開業する必要があると思っています。

・例えば、常勤のドクター以外に、専門医が4名いますよ(Drによる差別化)
・朝はやりませんが、夜10時までやっていますよ。(時間戦略)
・この医院を設計したのは、○○ブランドを設計した人です(ハードのブランド化)

良い方法は現在お勤めになられている医院さんがなぜ成功しているか、何が患者さんから評価されているかを自分なりに分析しておくことがよろしいかと思います。

(勤務医をお持ちの医院さんであれば、きっと患者数が多く、人気のある医院さんだからだと思うからです)

3.事前告知の重要性


開業前の告知は特に重要です。

様々な準備が必要なため、ついおろそかになってしまうようですが、告知なくして当初の来院数は上がりません。


詳細はこちら をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る