【歯科ドック】リスク管理型歯科医院モデル導入セミナー

2016年04月07日 (木)

コラムテーマ:
弊社セミナーイベント

皆様、こんにちは。

 

 

WEBマーケティングを主軸として、新患獲得・高単価自費治療の集患をWEB対策を強化することによって自動化し、医院経営の安定的成長を実現すべく日本中のクライアント様のサポートをさせて頂いております。

 

 

さて、先日、船井総研東京本社にて、リスク管理型歯科医院モデル導入セミナーを開催いたしました。

 

今回のセミナーではリスク管理検査(歯科ドック)という、オーラルクロマを用いた口臭検査や位相差顕微鏡を用いた細菌検査、唾液検査といった検査を1つのパッケージとして実施し、その検査結果を患者様にフィードバックして、最善の治療内容をご提案するという、身体全体を診るための人間ドックを口腔内の検査に特化したサービスとして歯科医院に付加するための内容となっています。

 

ゲスト講師として、大阪府、京都府で開業されている戸谷先生をゲストにお招きして、実際に導入に関することや導入後の医院の変化など、包み隠さずお話して頂きました。

 

リスク管理検査(歯科ドック)の導入をご検討されている先生やリスク管理検査(歯科ドック)に必要な機材をすでに持っているが、上手く活用できていない先生、そしてご参加してくださった先生の皆様、真剣に戸谷先生のお話をメモにお取りになられて、ご傾聴なされていらっしゃいました。

 

また、ご記入していただいたセミナーアンケートには、非常に前向きなご回答が多く、セミナーの満足度の高さが見受けられました。

下記が実際の声でございます。

 

「歯科ドックをもっと難しいものだと考えていたが、セミナーを聴いて、もっとライトに考えて導入しようと思えた」

K歯科医院

 

「歯科ドックが患者様にとって有益になるということを積極的に伝えたい」

M歯科医院

 

「検査内容を修正して、明日から導入していきたいです」

S歯科医院

 

「歯科ドックの導入の実情が、どのようなものか不明であったがよく理解ができた。歯科ドックを導入していきます」

N歯科医院

(当日にご参加していただいた先生方のアンケート抜粋)

 

 

次回は秋頃に大阪会場での開催を予定しておりますので、ご興味のある先生は、是非ともふるってご参加していただきますと幸いでございます。

 

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

歯科コンサルタントチーム

プロフィール詳細

ページのトップへ戻る