「30年先も患者様に選ばれる歯科医院になるために」

2016年10月12日 (水)

コラムテーマ:
経営セミナー

皆様、こんにちは。

 

 

2016年も残り2ヶ月となりました。

この時期、来年の経営計画をお考えの経営者の方は少なくないはずです。

 

特に「今までのやり方を続けてきたが、今年は上手くいかなかった」という方や

「新しい取り組みを始めたが、なかなか成果に結びつかなかった」といった方は

来年の経営計画を考える必要があります。

 

経営計画を考える際に、最も気をつけていただきたいことは

 

『時流に合った計画を立てること』です。

 

時流が読めない経営者の方は、まるで川の流れに逆らっているようなものです。

 

今回11月27日(日)に開催を予定している「高付加価値義歯促進セミナー」は、

まさに時流に乗っている旬のテーマでございますので、

本ブログにて告知させていただくことにしました。

 

≪高付加価値義歯促進セミナー≫

%e5%85%a5%e3%82%8c%e6%ad%af%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

少子高齢化が急速に拡大している現在の日本社会において、

今日本の企業は皆様のご存じのとおり、シニア層を対象にしたビジネスに注目しています。

 

数多くの企業がこうしたシニア層に向けて新たなビジネスモデルを生み出している中で、

歯科医院はまだ手を出し切れていないかもしれません。

 

というのも、今までは団塊世代の方の歯に対するニーズが

そこまで実感できなかったということもあり、

なかなか本腰を入れてシニア層に向けての施策に取り組めていなかったのが本音だと思います。

 

しかし1947年~1949年生まれの日本で最も人口が多いとされるシニア層(約806万人)が

来年以降70歳以上になり、義歯や予防の需要が大幅に上がるのではないかと予測しています。

 

今後、医院が成長し続けていくためには、こうしたシニア層から選ばれる歯科医院になる必要があります。

 

本セミナーでは、今後多くの患者様から必要とされ、

歯科医院の柱の一つになる「義歯」についてお話をいたします。

 

特別ゲストとして千葉県松戸市で開業している、なかやま歯科医院 中山貴博氏をお招きして、

高品質の義歯が安定して選ばれ続ける秘訣をお話して頂く予定でございます。

 

来年の経営計画の施策の一つとして、義歯の強化は外せないテーマであると思います。

お時間のある方は是非、下記からお申し込みをしてくださいますと幸いです。

 

≪高付加価値義歯促進セミナー≫

%e5%85%a5%e3%82%8c%e6%ad%af%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

歯科コンサルタントチーム

プロフィール詳細

ページのトップへ戻る