デンタルローンの導入を考えられる歯科医院へ

2017年09月24日 (日)

コラムテーマ:
未分類 自費診療を増やす

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

あのベンツでさえも月々〇円~!?

 

現在普段の生活で周りを見渡すと、

スマートフォンの機種代やテレビショッピング等で

月々〇円~という言葉をよく目にすることがあるかと思います。

 

近年自動車業界では何年というスパンで残価設定をする

リース業態が徐々に浸透してきています。

 

これらのキャッチコピーは

「月々1万円で新車が乗れる!」

と残価設定つきであることは伏せていますが、

「月々1万円で常に新車に乗れる!」

とも言え、実際に販売台数も伸びていることから、

市民権を得ていると言えるでしょう。

 

中にはベンツも近年月13,000円~という打ちだしを

しており、今までは手が届かなかった贅沢品をより

身近にして購買層を広げていこうという試みです。

 

“現金だけ”、“カードだけ”は歯科業界だけ!?

 

 

歯科業界においてはデンタルローンというものが

何年も前から世の中には存在しますが、

まだその浸透は完全にはなされていないというのが現状です。

 

実際に導入されている医院様もおそらく2割程度といったところですし、

歯科の自費診療自体が普段患者さんが触れるものではないので、

より浸透を遅くすることとなっています。

 

ただ前述のその他業種の流れからすると、

数万円、数十万円~の自費%

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

矢田 琢朗

プロフィール詳細

「治療技術は一流でスタッフの方々に対する愛情もあるのに、そのことを上手く伝えられていない院長先生が圧倒的に多い」。コンサルティングの現場で感じた経験から、院外・院内での情報発信、先生とスタッフの円滑なコミュニケーションを図り、先生の思いを実現できる医院の姿を目指していく。先生、スタッフ、患者さま、それぞれの間に入り、「つなぐ」ことをコンサルティングの信条としている。

ブログ:“元ボクサー”矢田琢朗の情熱日和
http://ameblo.jp/t-yada/

ページのトップへ戻る