【よくある質問】船井総研って他のコンサルティング会社と何が違うのか?

2017年09月24日 (日)

コラムテーマ:
未分類 船井流の考え方

『船井総研の歯科コンサルは、他のコンサルティング企業と何が違うの??』

と、よくご質問を受けることが多くなっています。

 

これは、歯科医院向けのコンサルティングが一般化し、

経営の中でコンサルティング受けることが普通になってきたからだと感じています。

 

 

①あくまでも「経営コンサルティング」であり、マネージメントコンサルティング、

Webマーケティング、採用コンサルティングではない。

 

弊社のコンサルティングスタイルは、全体的に俯瞰しながら、

医院さんごとに異なるアイデンティティ、文化やタイミングに合わせた提案を行います。

 

タイミングによっては、マネージメント分野のコンサルティングとして、

スタッフや勤務医ドクターとの面談を行い、トップが聞くことのできない本音をヒアリングしたり、

スタッフ自身のコーチングを行うことや、

毎月の全体ミーティングで意思決定のスピードを上げ、PDCAを回していくことを行うこともあるでしょう。

 

また違うタイミングでは、事業計画を院長とともに考え、これから3年間の方向性を決めていきます。

 

特に弊社のWebマーケティングは、業界でも随一のノウハウを持っていると自負しております。

 

きちんとクライアントの医院さんが成果にコミットできるのは、

歯科医院チームだけのノウハウ共有だけではなく、

弊社内の全業種(100業種以上)のノウハウから学びとる体制があるからに他なりません。

 

 

②他業種の動向を見ながら、歯科業界の変化に先回りができる。

 

他業界から学ぶことはWebマーケティングだけではありません。

 

例えば、訪問歯科コンサルティングが立ち上がり3年が経ち、

コンサルタントが4名在籍していますが、

これは介護業界や医科、調剤薬局などのコンサルタントと連携があるからこそできています。

 

 

③コンサルタント数が23名は国内最大。そして、各コンサルタントが専門特化している。

 

勿論数が多いから良いという話ではないと思います。

 

ただ、ここまでコンサルタントを誕生させることになるまでには、

大事な大事な経営の一片だけでも任せて頂ける先生方がいらっしゃることであり、

その8割以上がコンサルティング契約をリピートして頂いていることが非常に大きいと考えています。

 

また、我々はコンサルタント1名1名が金太郎飴のように、

全て同じノウハウを持っているということではありません。

 

基本的な業界知識や業績アップ、採用方法のノウハウに関しては、

どんな有名なビジネススクールでも学ぶことの出来ない、

生々しい実践ノウハウが詰まった教育体制が存在します。

 

ただその上で、各コンサルタントにはそれぞれ特化している分野、

テーマがあるのが弊社コンサルタントの特徴と考えます。

 

あるメンバーは小児矯正のマーケティングに特化し、

その分野なら誰にも負けないというレベルのコンサルティングを行っています。

これは非常に重要なことであると考えており、

クライアントの皆様からも評価をいただいております。

 

これからもうひとギアを入れて変えて経営にあたっていきたい!

マンネリを打破したい!

 

という方はぜひ弊社コンサルティングチームまでご相談をください。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

岡崎 晃平

プロフィール詳細

山形県出身。船井総研に入社以来、メディカルチームに配属され歯科医院を中心に、皮膚科・耳鼻咽喉科などのプロジェクトに携わる。
現在は、新規開業から医院活性化まで、幅広い経験と知識で多くの院長先生方より支持を受けている。
日々、“どんな時代になっても持続可能な歯科医院を創る”というコンサルティングモットーのもと、全国各地の歯科医院を行脚する、メディカルチーム有望の若手である。

ページのトップへ戻る