「“2018年度報酬改定から見えた”今後の、訪問歯科戦略を大提言」

2018年01月22日 (月)

コラムテーマ:
未分類 訪問歯科

皆さん。
こんにちは。船井総研歯科コンサルティングチームの川口克洋です。

 

まずは、こちらをご覧下さい。
https://funai-dental.com/lp/houmonshika/syokushien/

 

 

2018年度、医療・介護同時報酬改定の大枠が決定しました。
(※ 明確な点数が来月の上旬に出るでしょう)

 

キーワードは「認知症」「食支援」です。
これからの訪問歯科は、「嚥下対応・栄養管理」が必須となってきております。
(※ 管理栄養士も自院で雇用することをお勧めします)

 

その為、表記ができる医院様、また、取り組む〝意思”のある医院様は
益々、業績が上がっていく事が目に見えてくるでしょう。
逆に、この部分で他院に先を越されると、拡大することは厳しいことが予想されます。

 

しかし、〝今訪問歯科で、求められていることに注力″さえすれば
未経験・後発の医院様でも地域No1シェアを取れることは断言できます。

 

でも、いきなり「食支援」や「嚥下対応」「管理栄養士を雇用」して出来るのか
不安な方も多いと思います?

 

そんな方は、以下のレポートをお読みください。

http://www.funaisoken.co.jp/file/pdf_seminar_025912_01.
pdf#_ga=2.76476181.1886990778.1516580842-1915685250.1506841584

 

当日は、“2018年度報酬改定から見えた”今後の、訪問歯科戦略を大提言させて
頂くと同時に、2025年問題を見据えた、経営をされている、
医療法人社団 デンタル青葉 西山伸司氏を招いて成功の秘密を公開させて頂きます。

 

また、診療報酬改定の数値が出ましたら、

希望者には、「点数改定前後での収益シミュレーション」も実施させて頂きます。

 

まだお席が数席ございますので、お待ちしております。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

川口 克洋

プロフィール詳細

「訪問歯科に特化したコンサルタント」
今まで調剤薬局の施設・個人在宅における、案件獲得を行っており、独自のノウハウを持っている。そのノウハウを活かし、訪問歯科の在宅案件獲得を数多く手掛けており、営業マンの育成、在宅医療の案件獲得の仕組み作りに精通いる。特に施設獲得後の、施設側の満足度を向上させていくことに定評がある。
また、歯科医院の外来・採用・訪問全てにおける戦略立案から戦術・先頭までキメ細かい提案を行うと共に、院長・職員の「想い」を第一においたコンサルティングをモットーとしている。

ページのトップへ戻る