矯正特化型歯科医院のKPI

2018年02月15日 (木)

コラムテーマ:
未分類

皆さん、こんにちは。
船井総研歯科コンサルティングチームの許斐 亜斗です。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。
本日のテーマは「矯正特化型歯科医院のKPI(重要業績評価指標)」です。

 

 

現在注目されている領域の一つであると存じますが、

矯正治療のように狭属性の診療特化型歯科医院になっていく過程として、

最重要KPIは、
◆月間相談数
◆月間検査数(検査移行率)
◆月間成約数(成約率)です。
もちろん固定の情報として、市区町村人口、診療圏人口、矯正治療の価格、ラインナップなども
自院・競合医院含めて認識をしておく必要があります。
また、いかに情報発信を徹底できているか、という観点から、
【WEB】
◆ユーザー数
◆セッション数
◆PV数
◆滞在時間
このあたりのWEBにおける必須の指標も意識しておくべきところです。
WEB以外にも情報発信ができているかどうかのチェック項目は存在します。
・特に打ち出したい矯正治療のポスターが掲示できているかどうか
・オリジナルの矯正専門パンフレットが存在するか
・院内モニター・ディスプレイで訴求できているか
・漫画・コミックなどわかりやすい情報発信媒体が存在するか
このあたりも改めて見直していただきたい点です。
WEB✕リアルの両面からどう患者様にわかりやすく、
納得のいく說明ができているか、
そしてその指標はどこにあるのか、
現状意識をされている医院様も、そうではなかった医院様も、
上記KPIを参考として、自院の体制を再考していただければと思います。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【執筆者:許斐 亜斗】

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

許斐 亜斗

プロフィール詳細

熊本県出身。熊本大学工学部卒。
船井総研に入社後、メディカル・教育・設計・リフォーム・ブックストア業界等、数多くのBtoCマーケットにおけるコンサルティングに従事し、ノウハウを培い経験を積んだ。

現在は、歯科医院の専門コンサルタントとして、日々全国のクライアントへのコンサルティングを行っている。
特に、入社後に一貫して培った“患者(ユーザー)目線”を徹底的に追及するWEBマーケティング手法で、類まれなる即時業績アップのノウハウを築き上げている。
HP製作~WEB運用(PPC広告・SEO対策・facebook等)まで包括した総合的なWEBマーケティング手法は、クライアントからの評価も高く、メディカルチーム有望な若手である。

ページのトップへ戻る