検査・測定機材の使い方

2018年02月22日 (木)

コラムテーマ:
歯科医院経営 異業種のノウハウ

皆さん、こんにちは。

船井総研歯科コンサルティングチームの眞野泰一です。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

今回のテーマは「検査・測定機材の使い方」についてです。

ここ数年、唾液や血液といった検体から様々な値を測定する機械が出ており、
多くの歯科医院でも活用されていると思います。

船井総研でもメーカーのセミナーに登壇させて頂くことも多く、その活用
方法をお伝えしているところもございます。

運用していく中でうまく活用している医院はどんな使い方をしているか、
よくご質問されますがズバリ1点につきると考えております。

それは【診断】という観点を持たずに使っていることです。
測定して出た値が悪くても虫歯にならない人がいますし、その逆もしかりです。

数値と口腔内の状態が合わないという疑問・質問を持たれる医院さんの場合、
その両者が直結するという前提でお考えの場合が多いと感じます。
他の要因や習慣にも目を向けていくと

・結果の数値では低リスクと出ているにも関わらず、虫歯になっている原因は
間食の多さやブラッシングの質や普段服用している薬による影響が強い
・結果の数値では高リスクと出ましたが、予防を徹底しているのでう蝕はない

といったことも言えるはずです。
マーケティングとして捉えた場合には、「伝えたいことを強める根拠や情報を集める」
という観点も必要であるとも言えます。

各種、機械を活発に使えておらず悩んでいる先生方は是非一度ご相談頂ければと
思います。

【執筆者:眞野泰一】

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

ページのトップへ戻る