開業・分院の上手なスタート方法

2018年05月10日 (木)

コラムテーマ:
その他

皆さま、こんにちは。

船井総合研究所 歯科医院コンサルティングチームの安井 大貴(ヤスイ ダイキ)でございます。

本日は「開業・分院の上手なスタート方法」についてお話させていただきます。

特に、「歯科医院のマクロな状況」、「立地選定」、「内覧会」の3つに絞ってお話させていただきます。

 

①歯科医院のマクロな状況

まずは、歯科医院経営のマクロ的な話からさせていただきます。

コンビニの数が全国に約45,000件に対して、歯科医院は全国に約68,500件ございます。歯科医師の5人に1人が、ワーキングプアと呼ばれる年収300万円以下であり、2017年の負債総額は11億500万円、倒産が年間20件程度と言われています。

詳しくは下記の株式会社東京商工リサーチのサイトをご覧ください。

http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20180509_01.html

 

また、一般歯科医院の平均年商は4,000万円前後と言われており、歯科業界では「超勝ち組!」と言われる年商1億円超えの歯科医院は、全体の約5%です。

 

つまり、経営不振の歯科医院もおられる中で、歯科医院の開業や分院展開・事業承継後の歯科医院経営をしていくには、絶対に成功するというマインドが何よりも重要です。

 

②開業・分院の立地選定

開業・分院に関しては、最適な立地選定が欠かせません。最適な立地を簡単に言うと、「分かりやすい土地」かどうかということです。

 

「分かりやすい土地」とは、スーパーやドラッグストア、ホームセンターなどのランドマークが近くにあるかどうかです。

こういったランドマークが近くにないと、口コミ発生時に自院の立地を覚えていてくれません。「あそこのスーパーの斜め前の歯科医院良かったよ。」という口コミが発生しやすい状況をマーケティング的に作っておくことが必要です。

 

その他にも、最寄駅の乗降客数や駅からの徒歩分数、などの様々な条件を加味して立地を選定する必要がございます。

 

③内覧会の実施について

費用的に可能であれば、内覧会の実施はおススメしております。

開業前、分院展開前は、「借金が返済できるのか、患者様が来ていただけるのか」といった心配がつきものだと思います。そこで、内覧会を実施することによって、初月の新患数が100名を超えたという事例もございます。

 

ただ、内覧会を実施するだけではなく、その後の継続的な新患数の確保の方が重要であると言えます。ここでも立地選定が効いてきます。「新しくできたスーパーの斜め前の歯科医院良かったよ。」という口コミの発生状況を作っておかなければ、一過性のイベントになりかねません。

 

以上、開業・分院の上手なスタート方法について、簡単にご紹介させていただきました。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 

安井 大貴(ヤスイ ダイキ)

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

安井 大貴

ページのトップへ戻る