成功事例:医療法人真摯会まつもと歯科様

医療法人真摯会まつもと歯科 様

医療法人真摯会まつもと歯科様は、開業25年を経過し、大阪、神戸に6医院を展開。歯科医師は34名、従業員は150名以上に達しておられます。その中で、今後の経営方針としてメンテナンス患者を増やすような取組みを考えておられました。そのためには、現場のスタッフさん、特に歯科衛生士さんを中心とするメンバーの協力が必要でした。そこで船井総研歯科ユニットに依頼。具体的には毎月1回のミーティングを実施し、法人としての経営に関する方向性、分院、勤務スタッフ、この3つの方向性を一致させることから始まりました。その中で、メインテナンスの仕組みを確立し、取組み1年後にはメインテナンス患者数は150%程度にまで増加してきております。

jirei_taiyousika_midasi02

当院は開業20年が経過し、現在6医院、従業員数が180名を超えてきました。私は歯科医師であるとともに経営者でもありますが、現状、歯科医師としての業務時間もまだ多く存在しており、個々の医院の状況を物理的に詳細に把握できないということを問題に感じていました。 特に私が勤務している本院と最も離れている分院では1時間くらいの 移動距離になりますので、どうしても足を運びにくくなってきていました。
jirei_taiyousika03

そんななかで誰か、そういったマネジメントやマーケティング指導をしてくれる人を探していました。 そんな時に以前からの知り合いだった船井総研の松谷さんに相談してみたのがきっかけです。

jirei_taiyousika_midasi02

船井総研の松谷さんは、ブログやメルマガで知っていました。キャリアも長く、当院のことも知ってもらっていたので相談がしやすかったです。私は今後の法人の方向性として、予防歯科を中心にしようと決めているのですが、個々の医院のメンテナンス患者数を見ていると伸び悩んでいるように感じていました。 そこで、松谷さんにはメンテナンス患者さんを増やす依頼をしました。
jirei_taiyousika03

結果、依頼した医院では1年間で100名程度月当たりのメンテナンス患者数が増加したという結果になりました。

jirei_taiyousika_midasi02

今、松谷さんには3つのことをしてもらっています。一つは医院に行って毎月のミーティングの司会、ファシリテーターをしてもらう。もう一点は分院長と個別にミーティングをしてもらう。もう一点は理事長である私と打ち合わせをする。という3点です。 毎月のミーティングは、一方的なレクチャーだけではなく、スタッフにアイデアをだしてもらうようなミーティング方法をしてもらっています。
jirei_taiyousika03

実際の現場の状況に合っていないと方法論だけでは、できないことが多いので、

そのようにしてもらった方がよいと思っています。

分院長とは、分院長から直接話を聞いてもらうことで、よりその医院の現状を把握することができます。 分院長も私には直接言いにくいこともあると思うのですが、そういったことを聞いてもらうことで、 ずいぶん情報共有の精度が上がったと思います。

最後に私との話は、個々の医院のテーマも話しながら、法人全体のテーマ、 例えば、ドクター採用や数値管理の方法、全体の方向性など色々なことを相談しています。

最初は自分が時間的にできないので、お願いしようという感覚で依頼をしたのですが、 やはり第三者的な立場からスタッフに接していただく、 話していただくことが効果的だということがわかってきました。 今後も予防歯科以外の相談をしていきたいと思っています。

歯科医院経営研究会(FDI)のご案内

歯科医院経営研究会(FDI)とは、歯科医院の業績アップを目的に、歯科医院経営の時流や専門情報、即実践ツールの紹介、参加者同士の成功事例を共有する研究会です。

ページのトップへ戻る