GIVE & GIVEの精神を持つ

コラムテーマ:
自分を成長させる

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

東京⇒山形⇒山形⇒大阪⇒和歌山⇒そして、今日は北海道にきております。

最近、

人を活かすことが上手い院長先生とそうでない先生と当然いますが、

上手い人のある共通点を見つけました。

上手いというか、人事問題にストレスを溜めずに、前向きに頑張れる人のことですが。

それは、

「GIVE & GIVE」の精神を持つことができていることです。

ストレスの溜めている先生方のお話を聞いていると

「旅行に連れていってあげたのに・・・」

「ボーナスこんなに出してあげたのに・・・」

「家庭を優先させてあげたのに・・・」

と、何かしてあげたことに対する見返りを求めて、

その見返りが返ってこなかったことに対して、ストレスが溜まるようです。

もちろん、

スタッフ側としては、していただいた好意に関しては、

院長、周りの人に感謝をし、仕事における対価として、その恩を返さなくてはなりません。

ただ、見返りを求めることは、本来の愛情とは違ってきます。

自分のお子さんと同じような、考え方と同じ思考回路をもてば良いのです。

子供に、おもちゃを買って、その見返りを求めませんものね。

この思考の転換は、とても慣れていない方にとっては難しいことだとは思いますが、

頑張ってみてください。

余談ですが、今日、初めてピーチの飛行機を使いました。

ピーチ!いいですね!

価値/価格がとても高いです!

少しファンになってしまいました。

オリジナルグッズまで買ってしまいました。

一度、お試しくださいね!!

では、今日もブログを読んでいただいた皆様を応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る