人間力を高める

2014年01月14日 (火)

コラムテーマ:
日々の気づき

人間力を高める

2014年のスタート。

昨年の10月で更新が止まっていたブログも(完全に自分の甘さが原因です)、

心機一転再開しようと思います。

 

コンサルタントの価値って?

昨年末から年初にかけて、

グループ会議で取り上げられている話題が、

コンサルタントの価値=支援力×人間力

で決まるということです。

 

まず、ここでいう支援力とは、

業界知識、マーケティング力、マネジメント力など、

業績アップのためのノウハウを持っていることをいいます。

 

一方、人間力とは、

しつけ、マナー、言葉遣い、即時処理や思いやりの心など、

心構えや行動規範のことをいいます。

 

昨年は私自身良いご支援先にも恵まれ、非常に学びの多い年でした。

ご支援先の先生、スタッフの皆様の頑張りのおかげで、

全てのご支援先で昨年対比110%~170%のプラスで着地でき、

数字としては本当に良かったです。

 

年末は嬉しいお言葉もいただきましたが、

自分では気づいていないことでも、

ひとつひとつの言動に人間力で至らない点が必ずあったはずです。

さらに、お客様に満足していただけるコンサルタントになるためには、

人間力をもっと高めていかないといけません。

※もちろん支援力にも磨きをかけます

もっと素直になる

まず、自分に足りない点のひとつが「素直さ」。

相手に指摘されることは、

自分が出来ていないことだと素直に受け止めて改善する。

 

今年の最重要テーマのひとつです。

 

自分は改善しているつもりでも、

周りから「変わったね」と言われるぐらいにならなければ意味がありません。

 

まだまだ道のりは遠いですが……。

継続して頑張りたいと思います。

もっと感謝する

年初に行なわれた全社研修で、

ごちそうしていただくのが当たり前だと思わないことだと、

あるグループマネージャーがおっしゃられていました。

 

本当にありがたいことですが、

どの業種のコンサルタントでも、

ごちそうしていただく機会は多くなります。

 

普通の企業に勤めていれば、

私のような若手が、

接待される側になるのはありえないことだと思いますので、

常に感謝の気持ちを持ち続けようと思います。

 

このような一場面ではありますが、

昨年はまだまだ周りに対する感謝の気持ちが足りていなかったと思います。

 

恵まれている環境に、もっともっと感謝しなければいけませんね。

本日のまとめ

人間力を高めるために、

変えないといけないことはまだまだ山ほどありますが、

それぞれを一番実践されている先輩方を、

真似ぶことをしっかりやっていきます。

 

1月は年の初めで新しいことを始めるには良い月ですが、

このモチベーションを12月まで維持し続けていかないといけないですね。

新しいことを始める一方で、

昨年やり切れていなかったことも改善していこうと思います。

 

今年も業績アップは大前提ですが、

独りよがりな仕事ではなく、

お客様を中心にした仕事が出来るよう、良い一年を送りたいと思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

森 太寅

プロフィール詳細

「治療技術は一流でスタッフの方々に対する愛情もあるのに、そのことを上手く伝えられていない院長先生が圧倒的に多い」。コンサルティングの現場で感じた経験から、院外・院内での情報発信、先生とスタッフの円滑なコミュニケーションを図り、先生の思いを実現できる医院の姿を目指していく。先生、スタッフ、患者さま、それぞれの間に入り、「つなぐ」ことをコンサルティングの信条としている。

ページのトップへ戻る