「歯科医院経営コンサルティングレポート」2015/03/02

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■
■■

「歯科医院経営コンサルティングレポート〜船井流 1000院からの成功事例報告〜」

  2015/03/02号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
**************************************************************************
「今患者様が求めていることとこれから伸びる歯科医院とは?」
**************************************************************************
皆様こんばんは。本日は、船井総研歯科経営コンサルタントチームの松谷直樹が
担当させていただきます。

最近の顧問先の医院様とのコンサルティングの中で、このようなテーマが上がる
ことが増えてきています。

・自費の歯周病治療を作りたい
・メインテナンスの自費メニューを作りたい
・マイクロを使った根管治療や補綴治療を行いたい

といったようなテーマがあがることが増えてきています。

これは今までの歯科経営の大きなテーマであった、「自費治療の強化」

すなわち、自費補綴強化、矯正治療強化、自費の義歯強化、インプラント強化と
いったような治療の強化とは少し違った流れだと感じています。

歯周病治療の強化やマイクロを使った治療とは、

「できるだけ歯を残したい」
「歯を抜かないようにしたい」
「削らないようにしたい」

といった患者様のニーズが高まってきていることの表れではないかと思います。

もっと言えば「この医院は本当に自分が通うべき医院なのか?」といったことを
真剣に検討する患者様が増加する傾向を表していると思います。

今までも、歯科医院のコンセプトとして「歯を残す」「歯を抜かないようにする」
医院です、といことを打ち出すことが有効でした。

今後は、「歯を残すために、当院はこのような歯周病治療メニューがあります。」

「歯を抜かないようにするために、根管治療はこのような方法を
取り入れています。」

といった具体的な方法を持っている医院が患者から支持される時代が
すぐそこまで来ているように思います。

【執筆者:松谷直樹】
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

メールマガジンのご案内

歯科医院経営コンサルティングレポート~船井流1000院からの成功事例報告~

歯科医院コンサルティング実績10年! 現場で積み上げた歯科経営成功事例満載のメールマガジンです。自費UP、増患、ホームページ対策、スタッフ育成、組織づくりなど、読んだ院長だけが得をする「3分でわかるノウハウ」を大公開します。

ページのトップへ戻る