他人からの評価を受け止める

2014年04月18日 (金)

コラムテーマ:
日々の気づき

評価基準

評価は他人がするものだから、自分が頑張ったかどうかは関係ない

新卒で船井総研に入り今年で3年目になりますが、

仕事に対する向き合い方は、

上司、先輩方から非常に多くのことを学ばせていただきました。

 

上の言葉も新卒1年目の時にいただいたものですが、

今も私の行動指針の一つにしています。

船井総研での働き方

船井総研では、

仕事に対する向き合い方が、

スキル面よりも非常に重要視されます。

 

仮に能力がどれだけ高かったとしても、

仕事に対する向き合い方が悪ければ決して伸びないからです。

 

入社時の研修で聞いて今も心に残っているのが、

◆存在・非存在、

◆メリット・デメリット

で4つの区分に分けた場合、

①非存在×デメリット

→いないと困る。必要不可欠な人

②存在×メリット

→いると助かる。役に立つ人

③存在×デメリット

→いると困る。邪魔な人

④非存在×メリット

→いないと助かる。必要ない人

になるというお話です。

 

仕事をする上で③、④に思われるのは論外で、

まずは②を目指し、

最終的に①の状態まで持っていければよいのですが、

初めからなれる訳もなく、

小さなことの積み重ねで信頼してもらうことが肝心です。

 

自分に甘えたり、

これぐらいでいいかなと妥協してしまったり……。

そのような仕事を続けていてはいつか見限られます。

 

自分基準で仕事をするな

一番最初の言葉とも関連して、

アドバイスしていただいた言葉なのですが、

評価は他人にしていただくもので、

自分が頑張ったかどうかは関係なく、

相手のためになっているかどうかを考えて仕事をすることが、

本当に大切なことなんだと思います。

 

新入社員の方も4月から入ってきたので、

「こんな先輩にはなりたくない」と思われないように、

私自身行動で示していければと思います。

 

他人からの評価をしっかりと受け止めて、

関わっていただいている方の「非存在デメリット」になれるよう、

もっと成長していきたいですね。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

歯科コンサルタントチーム

プロフィール詳細

ページのトップへ戻る