2025年問題を踏まえ、通院可能層(1~69歳)の患者数が想定3割減、通院困難層(70歳以上)の患者数が想定4割増という予測から外来患者が減る中で、歯科医院がどう経営を行っていくか?
その一つの解として訪問歯科が挙げられます。対象は大きく介護施設と居宅に別れますが、居宅患者の獲得にはその紹介元となるケアマネージャーとの関係構築や、地域の競合医院との差別化が必須となります。
診療力強化やブランディングをいかに行うか。あくまで集患・増患に軸足を置いた実践的なコンサルティングを行っております。

こんな課題をお持ちの方にオススメ

  • 訪問歯科に取り組み始めたが、集患がうまく行っていない
  • 近隣の競合医院との差別化ができず、積極的な集患が出来ていない
  • 居宅介護支援事業所から紹介が貰いたいが、良い関係性構築ができていない

目標達成までのスケジュール

  1. STEP1

    • 周辺環境の現状分析及び課題検討
  2. STEP2

    • 訪問歯科・口腔ケア・食支援など各種研修による診療力強化
  3. STEP3

    • ケアマネアプローチに用いる各種ツールの整備
  4. STEP4

    • ケアマネアプローチ実践サポート

ページのトップへ戻る