自分でやった方が早いから抜け出す‐歯科医院経営のツボ‐

2014年11月28日 (金)

コラムテーマ:
歯科医院経営

本日は仙台で2件の歯科医院様にご訪問。

 

最近、ダブルヘッダーの日も多くなってきましたが、

仕事の質を保つためにも、2件までに抑えておかないと、やっぱり無理がある。

 

保険診療で何十人の患者様を診るよりも、

自由診療でしっかり時間をかけて質の高い治療を提供し、患者様と向き合えるようにするのと同じですね。

 

今日は冬の装いで来ましたが、仙台の寒さはこたえます……。

チェア3台、1ドクターの限界

「院長不在でも体制がまわるようにしたい」

売上1億円を越している歯科医院様から、よく挙がってくる相談内容。

 

1億円を越すまでは、

トップのマンパワーだけでも何とかやっていけます。

 

ただ、2億、3億と規模が大きくなればなるほど、

トップだけが頑張る組織から脱却しないと、無理が生じてくる。

 

チェア3台、1ドクターで開業した院長先生が、

年間売上6千万円を越した頃に代診の雇用を考えだすのも、

一人でやれる範囲に限界を感じてくるからだと思います。

 

仮に、1ドクターでも売上1億円を越せないことはありません。

ただ、相当苦労します。

 

それが、自費率10%以下で保険中心の歯科医院様だとなおさら。

 

ドクターが1日25人以上の患者様を診ている先生からででてくる言葉が、

ただただ忙しいだけ」。

 

歯科衛生士が活躍し、

予防中心の歯科医院を目指したいと言われることが多いのも、

院長先生だけが頑張らなくても、

医院がまわるようにしたいという気持ちがあるからだと思います。

 

でも、保険の治療はある程度任せられるようになっても、

本来、院長先生でなくてもできる仕事を、

抱え込みすぎている方にもよくお会いします。

巻き込み力を身につける

トップが一番能力が高く、仕事ができるのは当然です。

 

ただ、その仕事を振り分けていかないと、

本来、集中しなければならないことに時間を割くことができません。

 

それは、私たちコンサルタントの仕事も同じ。

 

自己完結型で仕事を続けていると、

スピードは早いですが、どうしても幅がせまくなる。

 

“人を巻き込んで仕事をする力”。

 

成長するためには、その力も磨いていかないといけません。

 

でも、決して勘違いしてはいけないのが、

雑務を任せるということではないということ。

面倒くさい雑務を押し付けるような人は、信頼してもらえなくなる。

 

そのような姿勢で仕事をしていると、後々痛い目をみることになりますね……。

自分がやった方が早いから抜け出す

自分がやった方が早いと思うことでも、少しずつ任していくようにする。

 

口出しせずに最後まで任せるのは、

忍耐が問われる部分ですが、組織全体の成長を考えれば必要なこと。

 

プレイングマネージャーである歯科医院の院長先生は、

ドクター業だけでなく、経営者業にも目を向けないといけない。

 

ドクター業と経営者業の絶妙なバランス。

 

このバランス感覚が良いことが、

成功されている歯科医院様の共通項だと感じます。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

森 太寅

プロフィール詳細

「治療技術は一流でスタッフの方々に対する愛情もあるのに、そのことを上手く伝えられていない院長先生が圧倒的に多い」。コンサルティングの現場で感じた経験から、院外・院内での情報発信、先生とスタッフの円滑なコミュニケーションを図り、先生の思いを実現できる医院の姿を目指していく。先生、スタッフ、患者さま、それぞれの間に入り、「つなぐ」ことをコンサルティングの信条としている。

ページのトップへ戻る