教えることは教えられること

2013年07月12日 (金)

コラムテーマ:
日々の気づき

こんにちは

船井総研の森 太寅(もり たかのぶ)です。

 

社会人として最初の3年間をどう過ごすかが大切

就職活動の説明会で、よくこの話を聞きました。

 

ただ、最近個人的に思っているのは、

3年間では長すぎるのではないかということです。

 

3年間を育成期間で考えているということは、

別の言い方をすれば、

会社の方針として半人前扱いをするということだと思うのです。

 

周囲の人間が半人前扱いしていては、

本人の成長スピードもそれにあったものになってしまいます。

 

「よくわからないし、先輩に任せておけばいい」

「この仕事はやったことがないから、やらない」

 

自分で考えることをせず、

上司や先輩の判断を仰ぐ仕事をしていては、

主体性は生まれません。

 

船井総研のコンサルタントの成長が早いのは、

他社が育成期間と考えているような時期でも、

責任のある仕事を任せる環境にも要因があると思います。

 

若手社員に仕事を任せることは、

ベテラン社員から見れば不安かもしれません。

 

「まだ○○は何もわかっていないから」

 

この状況を続けていくことは、

失敗こそ少ないかもしれませんが、

成長の機会も少なくなります。

 

あえて自分の発言や行動に、

責任を持たせる立場に追い込んだ方が、

圧倒的に成長は早いです。

 

さらに、成長させるための効果的な方法が、

仕事を「教える」立場にすることです。

 

誰かに教えるということは、

習得のレベルを高い水準まで持ってこなければいけません。

 

どのように話せばきちんと伝わるだろうと、

伝え方にも工夫をします。

 

仕事を教えた相手の動きをみていて、

良くないと思うことがあれば、

自分の行動も反省します。

 

「教える」という行為は、

教えているようにみえて、

実際に教えられているのは、

その人自身だと思うのです。

 

だから、3年間を教育されるというような考えではなく、

どんどん教える側に回った方が、

成長にもつながると感じています。

 

受け身ではなく、常に攻めの姿勢で。

 

私も現在入社2年目。

 

同じ3年間を過ごすにしても、

より中身のつまったものにしていきます。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

森 太寅

プロフィール詳細

「治療技術は一流でスタッフの方々に対する愛情もあるのに、そのことを上手く伝えられていない院長先生が圧倒的に多い」。コンサルティングの現場で感じた経験から、院外・院内での情報発信、先生とスタッフの円滑なコミュニケーションを図り、先生の思いを実現できる医院の姿を目指していく。先生、スタッフ、患者さま、それぞれの間に入り、「つなぐ」ことをコンサルティングの信条としている。

ページのトップへ戻る