選択を正しくする

2013年08月12日 (月)

コラムテーマ:
日々の気づき

こんにちは

船井総研の森 太寅(もり たかのぶ)です。

 

やらないよりはした方が良いことは、

世の中にいくらでもある。

 

身近な例で挙げるとすれば、

早寝早起き、整理整頓、あいさつなど……。

 

ただ、頭ではわかっていても、

実際に行動できていることは本当に数少ない。

 

コンサルタントの提案も似たような側面があって、

やらないよりはした方が良いことだと思う。

 

けれど、実際にやるかどうかは経営者が決めること。

 

言葉では自信満々に言っている提案でも、

「100%効果が出ます」ということは、

誰にも保証できない。

 

DeNAの南場さんが書かれた『不恰好経営』で、

事業リーダーにとって、「正しい選択肢を選ぶ」ことは当然重要だが、

それと同等以上に「選んだ選択肢を正しくする」ということが重要になる

という一文が、私の中にスッと入ってきた。

 

南場さんは、

コンサルタントではなく、

事業リーダーの心構えとして書かれていたが、

私の中ではコンサルタントの仕事も、

同じなんじゃないかと感じた。

 

提案した取り組みをしたことで、

想定した以上に反響があったり、

成果を出せることが当然一番良い。

 

ただ、それ以上に反響がなかったり、

失敗した場合にも、

経営者と情報を共有することが大切。

 

情報の共有

取り組みの振り返り

 

この2点はご支援先でも常に意識して言っている。

 

正しい選択かどうかは誰にもわからない。

でも、選択した以上、

もしも~だったらという別の道は存在しない。

 

だから、選択したことを、

どれだけ正解に近づけるかが大事。

 

心に響くのは、

自分の中の答えに納得感を得るから。

どのような仕組みを入れるかよりも、

納得されているかが大切。

 

説得しても動かない。

納得しないと動かない。

意に反することを言っても人はやらない。

 

選択してもらったからには、それを正しくしようと思う。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

森 太寅

プロフィール詳細

「治療技術は一流でスタッフの方々に対する愛情もあるのに、そのことを上手く伝えられていない院長先生が圧倒的に多い」。コンサルティングの現場で感じた経験から、院外・院内での情報発信、先生とスタッフの円滑なコミュニケーションを図り、先生の思いを実現できる医院の姿を目指していく。先生、スタッフ、患者さま、それぞれの間に入り、「つなぐ」ことをコンサルティングの信条としている。

ページのトップへ戻る