情報共有型の歯科医院向け勉強会‐歯科医院経営のツボ‐

2014年03月04日 (火)

コラムテーマ:
歯科医院経営

フナイデンタルイノベーション フナイデンタルイノベーション ②

Funai Dental Innovation

船井総研の歯科医院経営コンサルティングチームが主催している、

【歯科医院向け勉強会】

「Funai Dental Innovation」(フナイデンタルイノベーション)の様子です。

 

3月2日(日)に東京本社で 開催したのですが、

正会員、お試しでのご参加(初回のみ無料)を合わせると、

全国から40医院近くにお集まりいただきました。

 

この勉強会では、

“情報共有”を非常に重要視しているので、

各ご支援先の事例も出し惜しみすることなくテキストに掲載し、

ページ数は300ページ以上!!

本当に回を重ねるごとに、内容が充実していくのがわかります。

わからないことは、実際に経験した人に聞けば良い

特に印象に残ったのが、

「医院規模は拡大した方が良いのかどうか?」

というテーマで情報交換した時です。

 

参加者の方もおっしゃられましたが、

医院規模の拡大の是非」は、

歯科医院経営の永遠のテーマだと思います。

 

◆医院規模の大きな医院

◆医院規模の小さな医院

それぞれにメリット、デメリットがありますし、

院長先生だけでなく、

コンサルタントによっても意見が分かれるのではないでしょうか?

 

目指す医院の方向性によって、

院長先生が出す答えは変わるかもしれませんが、

勉強会には様々な規模の医院様が参加されています。

 

すでに何医院も分院展開されて、

スタッフ数を多く抱えられている、

非常に規模の大きな医院様もいらっしゃる訳です。

 

実体験から得られる感想を本人の口から聞けることは、

開業からそれほど年数が経っていない若い先生や、

医院規模を拡大しようか迷われている先生にとって、

私たちコンサルタントが伝える情報よりも参考になるものだと思います。

 

他にも様々な気づきがあったのですが、

このような情報共有型の勉強会の場を提供していくことは、

本当に大切なことだと感じましたね。

本日のまとめ

私のご支援先にも様々なタイプの先生がいらっしゃいます。

 

今回テーマのひとつに上がった、

医院規模の拡大に関しても全く意見が異なります。

 

それぞれの先生のタイプに合わせたご提案が出来るように、

私自身どんどんレベルアップしていきたいですね。

 

今回ご参加できなかったご支援先には、

ぜひ次回はご参加していただこうと思います!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

森 太寅

プロフィール詳細

「治療技術は一流でスタッフの方々に対する愛情もあるのに、そのことを上手く伝えられていない院長先生が圧倒的に多い」。コンサルティングの現場で感じた経験から、院外・院内での情報発信、先生とスタッフの円滑なコミュニケーションを図り、先生の思いを実現できる医院の姿を目指していく。先生、スタッフ、患者さま、それぞれの間に入り、「つなぐ」ことをコンサルティングの信条としている。

ページのトップへ戻る