チェア5台で新患数100人を超える歯科医院‐歯科医院経営のツボ‐

2013年08月08日 (木)

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは

船井総研の森 太寅(もり たかのぶ)です。

 

チェア5台で新患数100人を超える歯科医院」。

今、最も勢いがあるご支援先の実績です。

 

今年は毎月新患数が80~100人、

売上高も昨年対比140%以上の成長率。

 

まず、チェアが5台で新患数100人を超す医院様は、

全国的にも少数ではないかと思います。

※船井総研ではこれまでのデータから、

チェア1台あたり8人を新患数の適性数字にしています

 

新しい取り組みにも非常に積極的で、

補てつのカウンセリングを強化するために、

今月から治療計画ソフトの導入~運用も始めました。

 

駅近の立地ですが、

非常に有利と言われている1階にある訳ではなく、

テナントの6階で、近くに複数の競合医院も存在します。

 

それにも関わらず、

これだけ多くの患者様にご来院していただけているのは、

先生とスタッフの方々の日々の診療の賜物ですし、

何よりも意識の高さに比例しているように感じます。

 

それを一番感じた瞬間が、

初めてご訪問させていただいた時に、

スタッフの方から笑顔であいさつをしていただけたことです。

 

「あいさつ」というのはごまかしがききません。

 

相手を患者様だと意識していれば、

あいさつも出来る方は多いとは思いますが、

スーツ姿でやってきた「この人は一体誰なんだ?」

という初対面の私に対して笑顔であいさつをするのは、

普段から習慣になっていないと出来ません。

 

“○○だからあいさつをしないといけない”

と相手を見て反応を変えるのではなく、

自然体で実践できているのが、

患者様を引き寄せる医院の雰囲気を生んでいるのではないかと思います。

 

ホームページや看板などでいくら良いことを書いても、

それが偽りの姿であれば患者様は定着しません。

事前に期待値が高くなっている分、

逆に医院の価値を下げてしまいます。

 

ご支援先のスタッフは、

勤続年数1~2年の20代前半の方ばかりです。

ですので、医院の方向性や雰囲気によって、

スタッフの方は良くも悪くもなります。

 

先生も本当に働く「人」を重要に考えられているので、

朝礼や終礼、ロングミーティングで情報共有の時間をとり、

さらに研修も積極的に行われており、

人材へのお金や時間の投資に惜しみがありません。

 

ご訪問させていただく際も、

毎回予め聞きたいことを用意していただいており、

こちらから投げかけなくても、質問がどんどん出てきます。

 

とにかく急成長しているので、

今年は成長と安定のバランスをとれるように、

しっかりと基盤を固めていくと先生ともお話しています。

 

先生の求めている要望にも応えられるよう、

自分自身引き出しをもっと増やしていきたいですね。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

森 太寅

プロフィール詳細

「治療技術は一流でスタッフの方々に対する愛情もあるのに、そのことを上手く伝えられていない院長先生が圧倒的に多い」。コンサルティングの現場で感じた経験から、院外・院内での情報発信、先生とスタッフの円滑なコミュニケーションを図り、先生の思いを実現できる医院の姿を目指していく。先生、スタッフ、患者さま、それぞれの間に入り、「つなぐ」ことをコンサルティングの信条としている。

ページのトップへ戻る