THIS IS ITからみるプロ意識

2009年12月30日 (水)

コラムテーマ:
その他

こんばんは。船井総合研究所 歯科 経営コンサルタントの松谷直樹です。

ある方の勧めがありまして、マイケルジャクソンの「THIS IS IT」を見てきました。

驚いたことは50歳の年齢を感じさせない体の動き、歌もCDで聴けるものと変わらないものだったことです。

それは普段からトレーニングを積んだりして、節制したストイックな生活を送っているのではないかと感じさせました。

印象に残ったのは観客の期待しているものにできるだけ答えようとする、顧客志向です。

顧客の求めるものに答えることはもちろん、それ以上の感動を与えようとする、姿勢。

それは、コンサート料金に対する、それ以上の価値を提供しようというプロ意識ではないかと思います。

細かな部分の音のタイミングや演奏の仕方などの指示を出すところは細部にわたるこだわりを感じさせ、一流のプロの仕事の進め方とは、どのようなものか、ということがわかります。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT コレクターズ・エディション (1枚組) [DVD]/マイケル・ジャクソン
¥2,980
Amazon.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る