目標と夢の違い

2013年05月18日 (土)

コラムテーマ:
日々の気づき

皆さん、こんにちは。

船井総合研究所の歯科チームです。

 

「今年は絶対○○をする」

年の初めには意気込んでいても、

いざ1年間を振り返ってみれば、

達成できていない目標の方が多いのではないでしょうか?

というより目標を立てたことすら、忘れてしまっている……。

 

目標が過去のものになってしまう

これは誰しも経験のあることだと思います。

 

最近読んだ先輩コンサルタントの本の一節に、

目標と目的は全くの別物と書かれてありました。

 

本の中では、

  • 目標は目的を達成するために立てるもの
  • 目的は抽象的なもので一生追い続けるもの

 

目的≒夢と考えた方が、わかりやすいかもしれません。

 

この本を読んだ時、

学生時代にお世話になった先生の話を思い出しました。

 

好きという気持ち、何かをしたいという気持ちを持ってほしい

 

先生はwant(~したい)という言葉を使いながら、

私たちによくこの話をしてくださいました。

 

先生の言葉を借りて言うならば、

目標はmust(~しなければいけない)で考えるもの。

夢はwant(~したい)で考えるもの。

 

このwant(~したい)という気持ちが、

仕事をする上でも絶対に必要だと私は思うのです。

 

例えば、営業マンが会社から予算を与えられます。

この予算は達成しなければいけない目標=must。

ですが、~したい(want)が目標の先になければ、

「別に達成できなくてもいいや」

「こんな仕事がしたかったんだっけ?」

といった気持ちになり、仕事に対するやる気を失います。

 

「~をしたい、~のようになりたい」。

この強い気持ちから、他人に目標を立てられるのではなく、

自分で目標を立てることが大切なのではないかと思います。

 

言い換えれば、目標は自分との約束を決めることです。

 

人間には甘さがあります。

出来なかった時の言い訳はすぐに言葉にできます。

 

ただ、言い訳をするのは簡単ですが、

そのクセが身につくと、

いつまでたっても同じことの繰り返しで成長はのぞめません。

 

私自身、年の初めに今年の目標をいくつか決めました。

各月で振り返ってみれば、ほとんどの目標を達成できてはいます。

 

ですが、まだ達成できていない目標もあります。

 

目標を過去のものにすることなく、自分を甘やかすことなく、

やはり、もっと追い込んでいかないといけません。

 

目標と夢は違うと冒頭に書きましたが、

共通している点としては、

前を向くために必要なものだということではないでしょうか。

 

非常にかっこつけて終わらせていただきますが、

仕事を通じて人間として成長したい

という夢のために、明日からも楽しんでやっていきます。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

歯科コンサルタントチーム

プロフィール詳細

ページのトップへ戻る