歯科医院のWEB活用

コラムテーマ:
広告ノウハウ

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

歯科医院、特に矯正専門歯科医院において、WEBをどのように活用していく

かはかなり重要です。

地域差はありますが、矯正歯科医院さんの新規患者さんの来院ルートを

確認すると、顧問先での情報ではありますが、最も高い医院でしたら、

90%以上、最も低い医院でも30%程度はあるようです。

この比率は毎年、少しづつ増加しています。

熱心な先生は、WEBに関する最新の情報収集に熱心です。

確かに、WEBに関する情報は移り変わりが激しく、最新の情報を入手

することで、差別化が図れることが多いです。

さらにポイントを押さえる先生、一歩先を行かれている方になると、

実際に来院している患者がどのようにネットを活用しているのか、

ターゲット層の患者層がどのようなネットライフを送っているのか、

などの実際の利用方法を直接聞いたりして、押さえ、

それにあわせたWEB戦略を展開されている。

やはりこのような医院さんは好循環に入られていると感じます。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る