かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の[施設基準]について|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の[施設基準]について

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の[施設基準]について

    2018年02月10日09:49
    カテゴリー:未分類

    1.かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の[施設基準]について

     

    下記、厚生労働省より正式に通達させた、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準です。

     

     

    (1) 過去1年間において、歯周病安定 期治療(Ⅰ)若しくは(Ⅱ)及びフッ 化物歯面塗布処置若しくエナメル 質初期う蝕管理加算の算定回数がそれぞれ30回以上(歯周病安定期治 療(Ⅰ)又は歯周病安定期治療(Ⅱ) の合計)及び10回以上(フッ化物歯 面塗布処置又はエナメル質初期う 蝕管理加算の合計)であること。

     

     

    また、クラウン・ブリッジ維持管理料 を算定する旨を地方厚生局長等に 届け出た保険医療機関であること。

     

     

    (2) 過去1年間に歯科訪問診療1又 は歯科訪問診療2の算定回数連携する在宅療養支援歯科診療所に歯科訪問診療を依頼した算定回数 が併せて5回以上であること。

     

     

    (3) 過去1年間の診療情報提供料又 は診療情報連携共有料の算定回数 があわせて5回以上であること。

     

     

    (4) 当該診療所に、高齢者の心身の特 性、口腔機能の管理、緊急時対応及 び歯科疾患の継続管理等に関する 適切な研修を修了した歯科医師が 1名以上在籍していること。

     

     

    ※(5)、(6)は削除

     

     

    (7) 当該診療所において歯科訪問診療を行う患者に対し、迅速に歯科訪問 診療が可能な歯科医師をあらかじ め指定するとともに、当該担当医 名、診療可能日、緊急時の注意事項等について、事前に患者又は家族に対して説明の上、文書により提供していること。

     

     

    (8) (4)に掲げる歯科医師が、以下の 項目のうち、3つ以上に該当するこ と。

     

     

    ア 過去1年間に、居宅療養管理指導を提供した実績があること。

     

     

    イ 地域ケア会議年1回以上出席していること。

     

     

    ウ 介護認定審査会の委員の「経験」を有すること。

     

     

    エ 在宅医療に関するサービス担当者会議や病院・介護保険施設等 で実施される多職種連携に係る 会議等に年1回以上出席してい ること。

     

     

    オ 過去1年間に、栄養サポートチ ーム等連携加算の算定があるこ と。

     

     

    カ 在宅医療・介護等に関する研修 を受講していること。

     

     

    キ 過去1年間に、退院時共同指導料、退院前在宅療養指導管理料、 在宅患者連携指導料又は在宅患 者緊急時等カンファレンス料の算定があること。

     

     

    ク 認知症対応力向上研修等、認知 症に関する研修を受講している こと。

     

     

    ケ 自治体等が実施する事業に協力していること。

     

     

    コ 学校の校医等に就任している こと。

     

     

    サ 過去1年間に、歯科診療特別対応加算の算定があること。

     

     

    [経過措置] 平成 30 年3月 31 日にかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の届出を行 っている歯科診療所については、平成 32 年3月 31 日までの間、上記の基準 を満たしているものとする。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから