ブログ|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントコラム

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 骨太方針2018と医科歯科連携

    2018年06月21日12:00
    カテゴリー:か強診

    こんにちは。
    船井総研の磯野です。

     

    骨太方針2018について見解を執筆できればと思います。

     

    今月6/5に開かれた経済財政諮問会議にて、
    先述の骨太方針2018の原案が公表されました。

     

    結論は「医科歯科連携」を追記することになり、
    それにより、

     

    ・生涯を通じた歯科検診の充実
    ・入院患者や要介護者を始めとする国民に対する口腔機能管理の推進
    ・地域における医科歯科連携の構築

     

    といった、
    歯科保健医療の充実に積極的に取り組む姿勢を示されています。

     

    具体的に歯科医院で今後対応していくべきは、
    要介護者となる手前段階のフレイル対策が肝になっていきそうです。

     

    フレイルの要因としては周知の通り、
    ・身体面:運動器機能の低下や口腔機能低下に伴う低栄養など
    ・精神・心理面:認知症やうつなど
    ・社会面:単身や夫婦のみの世帯の増加による閉じこもりなど
    が考えられています。

     

    そうしたフレイル状態の高齢者の人口推移は、
    2013年のデータでは、
    ・65歳以上のトータルでは11.5%
    ・65~69歳では5.6%
    ・80歳以上では34.9%
    と加齢に伴いリスクが高くなっている。

     

    そこで厚労省は、
    2025年には後期高齢者が高齢者人口の2/3を占める推計も出ていることから、
    フレイル対策のモデル事業を2016年から実施しており、
    今年の2018年から本格的に取り組みを検討しています。

     

    特に歯科領域からアプローチできることとして、
    今ちまたで多く話題が上がるようになった訪問診療、摂食嚥下、
    および今年度の改定から新規設立された口腔機能発達不全症など、
    いわゆる口腔リハの分野で大きな活躍が期待できそうです。

     

    か強診、歯援診への見解も今回の改定でかなり深くなりましたが、
    今後はそういったマクロな人口動態を視野に入れた事業展開、人員配置も
    中長期的に考えられてはいかがでしょうか?

     

    私のお客様のところでも、
    訪問診療の強化においてはそれを見越した採用活動をすでに開始したりしています。

     

    ご参考になれば幸いです。
    引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    歯科医院における事業承継

    2018年06月10日11:04
    カテゴリー:事業承継

    本日は「事業承継」について記載致します。

     

    なぜこの題材を記載するかというと、
    ここ最近、医院様でよくこのお悩みについてご相談を受けることが多くなっています。

     

    団塊の世代の引退後、歯科医院の業界でも今後増えていく題材ですし、
    それにより歯科業界の流れも大きく変わってくると予想されます。
    そもそも事業承継に成功があるのかというのは難しい議論ではありますが、
    少なからず私が思うのは、
    「培ってきた医院・従業員さん達を残していくのが良い選択」
    だということです。
    開業し・培ってきたモノは、更生にも残していくことが大事なのだと思います。

     

    実際にそういう形で希望される方も多いと思われます。
    ただ中にはうまくいかず、少しずつ縮小し、閉院という流れになる方もおられます。
    閉院・倒産が増えているという事実がそれを物語っています。
    また、事業承継について、後継者不足にどう立ち向かうかが大事になってきます。
    労働者人口不足とともに、後継者を見つけるのも昔よりも遥かに難しくなってきています。
    そのために、大事になるのが「どれだけ人気で魅力的な医院になるか」です。

     

    やはり魅力的な医院を構築していかないと継いでくれない可能性も高くなります。
    ・レセプト枚数が十分に確保できる
    ・従業員の理解がある/生産性が高い
    ・しっかりと黒字化できている
    などこのようなポイントをしっかりと達成出来るているかということを考えなければいけません。

     

    勿論、既に後継者が決まっているという方もおられるかと思いますが、
    そちらでも同じことが言えます。
    「いかに綺麗な形で継ぐか」というのには変わりありません。

     

    是非、この機に自院を見直して頂けたら幸いです。

     

    そして、今回、うまく事業承継するポイントをもっと詳しく説明する場を設けます。
    株式会社ノーザ様と協業という形でのセミナーとなります。

     

    興味ある方は是非、ご参加下さい!!

    ■□■事業承継セミナー■□■

    ↓↓申し込みは下記からお願い致します↓↓

    http://go.funaisoken.co.jp/rf030N0v0LM2hrS8600E0X0

     

    ・事業承継の準備は“いつ”から始めるべきか?
    ・事業承継の“種類”があることをご存知ですか?
    ・事業承継を成功するための道筋をご紹介
    ・本当に承継できるだけの体力づくりを今しなければならない理由

     

    【日時・会場】
    2018年6月24日(日) @東京

     

    <会場詳細>
    大阪会場 大阪中之島ビル8F セミナールーム
    大阪府大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビル8F セミナールーム 東京海上日勤あんしん生命保険株式会社

     

    東京会場 ノーザビル
    東京都中野区中央1-21-4 ノーザビル 株式会社ノーザ

     

    【セミナー詳細URL】
    http://go.funaisoken.co.jp/rf030N0v0LM2hrS8600E0X0

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    予防歯科の最新事例!「リスク管理検査+食育」に取り組み収益構造を強化

    2018年06月04日18:00
    カテゴリー:★セミナーのお知らせ★

    皆さんこんにちは。
    歯科コンサルティングチーム 眞野でございます。

    今回ご紹介するのは、リスク管理検査を精力的に取り組まれて2年が経過した医院さんの最新事例であり、

    既に多く先生方にご参加頂きました事例セミナーからの【その後】でもある事例です。

     

    ご紹介したいのは、大阪市内で開業をしている戸谷歯科クリニック様での事例です。

     

    平成12年に開業され、リスク管理検査に取り組まれて約2年が経過。
    船井総研が推奨する「唾液検査」「細菌検査」「口臭検査」に加えて「食事指導」を行うことで、

    歯科衛生士の自費メニュー成約が格段に伸び、相乗効果として歯冠修復治療の自費選択率も大幅に伸ばすことが

    できているというものです。

     

    このブログをお読みの先生方、多くの医院で唾液検査を始めていたり、位相差顕微鏡にてプラーク内の菌そうを

    チェックし患者さまにお伝えしていることと思います。

     

    しかし、思うような成果がでず、患者さまにも上手く伝わっている実感がないのではないでしょうか。

     

    これには大きく2つの原因があります。

     

    1.検査の位置付けを的確に設定できていない
    まずは検査の設定ですが、保険診療の検査の延長として無償で実施していませんか?患者さまファーストの思考により

    無償で行う先生方が多いですが、これは説得力の低下を誘発している可能性が高いです。無償なのでなすがまま状態で

    説明を聞く患者さまは、どこか真剣には聞いていないでしょう。

     

    そして無償で設定しているのは、何を伝えたいか明確ではなく【状態の説明】に止まってしまい【選択すべき治療】や

    【その後のアクション】にまで言及できていないことが想定されます。そして、アクションとしての自費治療の明確化まで行わないと、

    何故検査をするのかが医院としてもブレてしまいます。

     

     

    2.患者さんに伝わるためのポイントである可視化ができていない
    戸谷先生もおっしゃいますが、人間は情報を理解する際に視覚からの情報に頼る傾向があります。言葉での説明は耳ですが、

    見せることで目を通して脳へダイレクトに印象付けるのです。唾液検査・細菌検査・口臭検査の全てで可視化するようにグラフや

    数値で分かりやすく見せて説明をします。

    治療前後や習慣化前後で良くなる事はグラフの色が変わったり、比率が小さくなったりと変化すると知識のない患者さんでも感覚的に理解できます。

    そして、やはり重要なのが【今後のアクション】という結論です。説明後に時間が経過すればするほど「内容」よりも「やるべき事」と

    いった結論しか覚えていないのは人として普通に起こる現象です。

    実績の出ているリスク管理検査は、導入に対して難しいことはあまりありません。しかし、効果的に実行できるまでやり切る事が難しいという特徴はあります。

     

     

    是非この機会に、数年間【やりきる】ことで得られた事例、戸谷先生のお話をお聞きください。

     

    多くの参加申し込みを頂いておりますが、まだ残席がございます。

     

    経営者としての目線での特別講座ですので、院長先生自ら、そして事務長というお立場からご参加頂けると経営計画を立てるうえでの参考となるのではないでしょうか。

     

    <セミナー紹介ページ>
    http://www.funaisoken.co.jp/seminar/026410.html#_ga=2.64516335.1995213888.1527130370-217746488.1523609630
    上記サイトでは、事例レポートのダウロードも可能です。セミナー参加を検討される前に先ずは一度、レポートをご覧ください。

     

    <セミナー情報>
    予防歯科として独自の強みを持つ!診療体質を変える!リスク管理検査モデル導入事例を徹底解説!◆◆◆リスク管理検査導入セミナー◆◆◆
    日程:6/10(日)大阪会場   6/17(日)東京会場
    時間:13:00-17:00 (12:30受付開始)

     

     

    当該テーマでのセミナー、年内は上記日程のみとなります。
    他日程での開催に関するお問合せを多くいただきますが、上記でのご参加をご検討下さい

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    歯初診(ししょしん)とは?気になる平成30年診療報酬改定

    2018年05月28日16:21
    カテゴリー:保険制度

    皆さん、こんにちは。

    船井総研の岡崎です。

     

     

    診療報酬改定のたびに、新しい言葉が生まれて消え、生まれては消え、

    この数年の変化についていくのがやっと・・・という先生方もいるのではないでしょうか。

     

     

    今回はご質問の多いワードの1つである「歯初診(ししょしん)」についてです。

     

     

    ◎歯初診(ししょしん)とは

     

    歯科医院における院内感染防止を推進するために平成30年診療報酬改定から設立させた施設基準の1つです。

     

     

     

     

     

    ★申請書類です↓↓

    歯初診1

     

    歯初診2

     

     

    この施設基準を受けることで、初診料・再診料が増点になります。

    ※旧外来環を施設基準を受けていない歯科医院の場合

     

    旧外来環の認定を受けている歯科医院の場合には話が変わってきます。

     

     

    旧外来環認定の歯科医院に関しては、

    今回の歯初診と新外来環の申請が必要となります。

     

     

     

    ★新外来環の申請書類↓↓

     

    外来環

     

     

     

    今回の改定においては、この歯初診・外来環が複雑になっております。

    混乱している先生方も多いかと思いますが、

    シンプルに言えるのは「上記の2点は頑張ってでも認定を受けていただきたい!」

    ということです。

     

    以前のブログでもお伝えしましたが、

    平成30年改定では厚労省は「歯初診+外来環」を持った歯科医院をスタンダートにした、

    診療報酬に組み替えています。

     

    これは「外来環をとったら増点」⇒「外来環(+歯初診)をとっていないと減点」ということからもわかるかと思います。

     

     

    この他にも「か強診」や「歯援診」などへの変化にも対応する必要があります。

    少し手間がかかるものが多いと思いますが、

    とにかく早く申請を済ませたもの勝ちです。

     

    また、「歯初診」と「外来環」の有効期限は、

    平成30年9月30日迄となりますので、皆さん、お早めのご準備を。

     

    船井総研では、診療報酬改定など時流テーマや様々な成功事例をメルマガにて配信中です!

     

    まだ登録が済んでいないという方は、数秒で完了しますので、下記お申し込みフォームよりご登録ください!

     

     

     

     

    btn03

     

     

     

     

     

    それではまた!

     

    岡崎

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    「年間〝3,560億″??〝誤嚥性肺炎予防は社会的意義″」

    2018年05月27日15:01
    カテゴリー:か強診

    皆さん。
    こんにちは。船井総研歯科コンサルティングチームの川口克洋です。
    4月に、弊社歯科医院研究会にご参加頂きました皆様、
    誠にありがとうございました。

    私の方で、大きく2点の役割を持って皆様に発信させて頂きました。
    ①ゲスト講師として
    「2018年度報酬改定を踏まえた、歯科医院のあるべき姿」
    ②1回目訪問歯科参入プログラムの実施
    (東京、大阪と総勢50名弱の方にご参加頂きました)

    今回は①に関しては割愛させて頂きますが、

    ※詳しく知りたい方はご連絡頂ければ資料送付させて頂きます。

    ②番の
    訪問歯科参入プログラム
    http://funai-dental.com/lp/houmonshika/entry/
    の意義についてお話しさせて頂きます。

    まず、なぜ始めたかです。

    理由は、誤嚥性肺炎による医療費が約年間3,560億かかっているからです。
    詳しく見て見ましょう。

    今、死因の第3位が肺炎という事は皆さま御周知されていると思います。

    では、医療費は年間でどのくらいかかっているご存知でしょうか?

    答えは、年間で約4,450億かかっているとの事です。
    ※ 肺炎による入院患者(70歳以上)約2万人×1日当たりの入院費約5万

    参照
    ※老年歯科医学第28巻4号 70 歳以上の高齢者の誤嚥性肺炎に関する総入院費の推計値

    そしてその8割の要因が誤嚥性肺炎であるとの疑いがあります。
    参照
    ※独立行政法人国立長寿医療研究センター歯科口腔先進
    医療開発センター歯科口腔先端診療開発部

    つまり、計算すると3,560億になります。

    この社会的な問題を解決したい一身から、当訪問歯科部門としては

    「誤嚥性肺炎を0にする
    在宅歯科医療機関を世の中に1件でも多く輩出したい」と考えているからです。

    是非、その様な想いに共感した経営者様
    以下でお会いできれば幸いです。

    訪問歯科参入プログラム
    http://funai-dental.com/lp/houmonshika/entry/

    最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから