ブログ|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントコラム

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • FDI10月例会 東京・大阪終了

    2017年10月11日12:00
    カテゴリー:フナイデンタルイノベーション

    皆さんこんにちは。
    船井総合研究所の磯野です。

     

    先日弊社で行われましたFDI経営研究会が終わりまして、
    その様子をお届けできればと思います。

     

    その前にまず、
    メルマガをご覧頂いている方の中には、
    FDI経営研究会をご存知でないもいらっしゃいます。
    また、すでにご存知の方でも、
    「通常のコンサルティングと何が違うの?」という方もいらっしゃるかも知れません。

     

    改めてコンテンツの違いについて以下お伝えいたします。
    すでに会員である方は区別をつけることで是非その効果を最大化してご活用ください。

     

    最も分かりやすいのは動画かと思います。
    それぞれ1~3分程度のYoutubeとなっておりますので、是非。

     

    ↓船井総研の経営研究会↓(1分程度)

     

    ↓歯科コンサルティングチームのFDI研究会↓(3分程度)

     

    ↓船井総研の月次支援コンサルティング↓(1分程度)

     

    ここからは各コンテンツの詳細を述べていきます。

     

    ●FDI経営研究会●
    【概要】
    3ヶ月ごとに開催しております、歯科医院の経営者を集めての事例交換を主とした経営の勉強会です。
    分かりやすい単語で言い換えますと、「塾」がイメージ近しいでしょうか。

     

    FDIは、
    Funai Dental Innovationの略ですが、
    弊社の中でも歯科医院経営に特化した経営研究会になります。

     

    もちろん住宅・不動産、士業、保育・教育・介護・・・といった、
    100以上の業種ごとで経営研究会が存在しており、
    FDIにご参加される医院様の中でも、「高収益経営研究会」など別の研究会にも、
    2つ以上ご参加されている方もいらっしゃいます。

     

    【魅力】
    ①院長同士の事例交換会
    100人近い人数が毎回会場ごとで集まり、
    診療項目や似たテーマで取り組まれている、またはお悩みの院長通しで議論し合う、
    「事例交換会」が大きなコンテンツです。

     

    一方的なのセミナーとは違い、双方向でのコミュニケーションが、
    しかも同じテーマや目線で話し合えることが魅力だと閉会後によくお声を頂きます。

     

    また、ただ話し合うだけではなく、
    3ヶ月ごとの成功事例を出し合って作った「成功事例集」を
    毎回数百ページに渡るものになりますが作成して配布しています。

     

    実際に院内に掲示しているポスターなどそういった現場レベルのものから、
    カウンセリングの具体的なフロー、課題と解決策に結果、
    人財戦略では採用から教育、評価制度に、入社式や経営方針発表会の様子など写真付きで掲載があったりなど、
    後に医院に持ち帰って、スタッフミーティングで議題に挙げる方も多いそうです。

     

    「明日からすぐ使える事例」というのがポイントでしょうか。

    FDI経営研究会①

     

    ②他業種からのゲスト講師セミナー
    今回は医科・介護・福祉・保育・教育と、
    多岐に渡っての法人経営をされているアゼリーグループ来栖理事長をお呼びしました。

     

    来栖宏二様は医科の先生でいらっしゃいまして、
    アゼリーグループ様は、2017年グレートカンパニーアワードでも受賞されました。

     

    このゲスト講師セミナーを
    歯科業界でなくあえて他業種とさせて頂いているのは、
    多角的に自院の経営状況やスタイルを俯瞰して頂くことで気付きを得たり、目線を上げることができるからです。

     

    今回の内容をハイライトで振り返ると、
    ・高齢化とIT普及による時流適応の必要性と、働き方の多様性
    ・4つのじんざい(人財、人材、人在、人罪)と採用・教育戦略
    ・働きがいのある組織創りのために経営で意識していること
    といった話で、聴講されている会員様もメモが多かった印象です。
    閉会後にも満足したとの声をたくさんお声掛け頂きました。

    FDI経営研究会②

     

    ところで、実際にご参加されているFDI会員様のブログもございます。
    こちらご存知でしたでしょうか。
    FDIで得た情報をヒントにし、成功事例にまで昇華し、ご活躍されている方のお声となります。
    こちらも是非どうぞ。

     

    ↓FDI会員ブログ

    成功事例一覧

     

    FDI経営研究会③

     

    ●月次支援(個別コンサルティング)●
    こちらは毎月、各種業種に特化した歯科専門コンサルタントが医院へ直接ご訪問したり、
    最近増えていますがskype、ハングアウト、アピアインで遠隔で対面して、
    施策を直接的に落とし込みにいく、いわゆる業績コミット型の支援です。

     

    研究会を「(集団)塾」と言うならば、
    月次支援は「個別指導塾」の表現が近しい形態かと思います。

     

    基本的には我々としても、
    経営効果を最大化して欲しいので、FDIと月次支援を両方とも受けて頂くことを推奨しています。

     

    もちろん中にはFDIのみ受けられている方もいらっしゃいますが、
    先述の膨大な「成功事例集」などやり切れず消化不良になったり、
    優先順位を誤って、医院スタッフが混乱を起こして組織の雰囲気が悪化してしまうケースも散見されますので、
    診療やスタッフマネジメントなど多岐に渡りながらですから、そこはご注意ください。

     

    いかがだったでしょうか。

     

    FDI研究会や月次支援以外にも、
    全業種が集まる「経営戦略セミナー」ですとか、
    「グレートカンパニー視察ツアー」での海外経営視察など、
    弊社の規模だから実現できるコンテンツも色々とございます。

     

    ↓経営戦略セミナー2017(※今年度は終了)

     

    ↓グレートカンパニー視察ツアー概要(※応募は締め切りました)
    http://www.funaisoken.ne.jp/lp-site/great201710/

     

    できる限り多くの方に情報が届きますよう、
    定期的にお役に立つ情報を発信してまいりますので、
    今後ともどうぞよろしくお願い致します。

     

    磯野

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    歯科医院の領収書再発行と初診の保険証忘れ対応

    2017年10月03日12:00
    カテゴリー:領収書・保険証
    皆さん、こんにちは。
    歯科経営コンサルティンググループの辻です。

    最近、よく院長先生方達や受付の方達から質問されることがあるので、
    今回はこの内容を書かせて頂きます。

    領収書再発行と初診の保険証忘れ対応の両方とも毎日起こることではないですが、
    皆さん、一度は経験しているかと思います。

    まず領収書再発行については、
    手数料として料金を頂いている医院様、
    全く無償で対応している医院様のどちらかが多いかと思われます。
    どちらが正解という訳ではないのですが、
    作業の時間、患者様への保管意識を高めるためにも、
    手数料は取った方がいいです。
    約300円〜500円/1枚が妥当だと思われます。
    ※それを下回っても上回っても別に問題はありません。

    次に初診で保険証を忘れた患者様への対応ですが、
    家に取りに帰って頂く、
    預かり金として多めに頂く(次回来院時に保険証を提示頂き、前回分の差額を戻す)
    のどちらがが多いかと思います。
    これに関しては預かり金として、
    5,000円ぐらいを目安に頂くことがいいと思われます。

    細かいことですが、
    この2つともしばしあることなので、
    この機会に是非、医院で統一して頂けたら幸いです。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    【よくある質問】船井総研って他のコンサルティング会社と何が違うのか?

    2017年09月24日15:32
    カテゴリー:未分類

    『船井総研の歯科コンサルは、他のコンサルティング企業と何が違うの??』

    と、よくご質問を受けることが多くなっています。

     

    これは、歯科医院向けのコンサルティングが一般化し、

    経営の中でコンサルティング受けることが普通になってきたからだと感じています。

     

     

    ①あくまでも「経営コンサルティング」であり、マネージメントコンサルティング、

    Webマーケティング、採用コンサルティングではない。

     

    弊社のコンサルティングスタイルは、全体的に俯瞰しながら、

    医院さんごとに異なるアイデンティティ、文化やタイミングに合わせた提案を行います。

     

    タイミングによっては、マネージメント分野のコンサルティングとして、

    スタッフや勤務医ドクターとの面談を行い、トップが聞くことのできない本音をヒアリングしたり、

    スタッフ自身のコーチングを行うことや、

    毎月の全体ミーティングで意思決定のスピードを上げ、PDCAを回していくことを行うこともあるでしょう。

     

    また違うタイミングでは、事業計画を院長とともに考え、これから3年間の方向性を決めていきます。

     

    特に弊社のWebマーケティングは、業界でも随一のノウハウを持っていると自負しております。

     

    きちんとクライアントの医院さんが成果にコミットできるのは、

    歯科医院チームだけのノウハウ共有だけではなく、

    弊社内の全業種(100業種以上)のノウハウから学びとる体制があるからに他なりません。

     

     

    ②他業種の動向を見ながら、歯科業界の変化に先回りができる。

     

    他業界から学ぶことはWebマーケティングだけではありません。

     

    例えば、訪問歯科コンサルティングが立ち上がり3年が経ち、

    コンサルタントが4名在籍していますが、

    これは介護業界や医科、調剤薬局などのコンサルタントと連携があるからこそできています。

     

     

    ③コンサルタント数が23名は国内最大。そして、各コンサルタントが専門特化している。

     

    勿論数が多いから良いという話ではないと思います。

     

    ただ、ここまでコンサルタントを誕生させることになるまでには、

    大事な大事な経営の一片だけでも任せて頂ける先生方がいらっしゃることであり、

    その8割以上がコンサルティング契約をリピートして頂いていることが非常に大きいと考えています。

     

    また、我々はコンサルタント1名1名が金太郎飴のように、

    全て同じノウハウを持っているということではありません。

     

    基本的な業界知識や業績アップ、採用方法のノウハウに関しては、

    どんな有名なビジネススクールでも学ぶことの出来ない、

    生々しい実践ノウハウが詰まった教育体制が存在します。

     

    ただその上で、各コンサルタントにはそれぞれ特化している分野、

    テーマがあるのが弊社コンサルタントの特徴と考えます。

     

    あるメンバーは小児矯正のマーケティングに特化し、

    その分野なら誰にも負けないというレベルのコンサルティングを行っています。

    これは非常に重要なことであると考えており、

    クライアントの皆様からも評価をいただいております。

     

    これからもうひとギアを入れて変えて経営にあたっていきたい!

    マンネリを打破したい!

     

    という方はぜひ弊社コンサルティングチームまでご相談をください。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    デンタルローンの導入を考えられる歯科医院へ

    2017年09月24日14:17
    カテゴリー:未分類

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    あのベンツでさえも月々〇円~!?

     

    現在普段の生活で周りを見渡すと、

    スマートフォンの機種代やテレビショッピング等で

    月々〇円~という言葉をよく目にすることがあるかと思います。

     

    近年自動車業界では何年というスパンで残価設定をする

    リース業態が徐々に浸透してきています。

     

    これらのキャッチコピーは

    「月々1万円で新車が乗れる!」

    と残価設定つきであることは伏せていますが、

    「月々1万円で常に新車に乗れる!」

    とも言え、実際に販売台数も伸びていることから、

    市民権を得ていると言えるでしょう。

     

    中にはベンツも近年月13,000円~という打ちだしを

    しており、今までは手が届かなかった贅沢品をより

    身近にして購買層を広げていこうという試みです。

     

    “現金だけ”、“カードだけ”は歯科業界だけ!?

     

     

    歯科業界においてはデンタルローンというものが

    何年も前から世の中には存在しますが、

    まだその浸透は完全にはなされていないというのが現状です。

     

    実際に導入されている医院様もおそらく2割程度といったところですし、

    歯科の自費診療自体が普段患者さんが触れるものではないので、

    より浸透を遅くすることとなっています。

     

    ただ前述のその他業種の流れからすると、

    数万円、数十万円~の自費%

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    採用サイトの反響をあげるポイント

    2017年09月21日13:53
    カテゴリー:人財採用

    皆様、こんにちは。船井総研の森でございます。

     

    本日は「採用サイトの反響をあげるポイント」として、

    私が担当させていただきます。

     

    採用を強化するために本体サイトとは別に、

    「採用サイトを作りましょう」と提案させていただいてから数年経ち、

    弊社とお付き合いのある歯科医院様であれば、

    採用サイトを持っているのは一般化してきているかと思います。

     

    数多くの採用サイト制作にも携わらせていただいた中で、

    反響がとれているサイト、そうでないサイトをパターン化した際に、

    より反響をあげるためにはここがポイントだという点がわかってきました。

     

    ただ、前提としてスマホ対応やindeed対応、

    しっかり反響のとれるデザインで制作されている、

    ターゲット別に訴求ポイントがしっかり表現されている等、

    満たされている上でのお話だと考えてください。

     

    より反響をあげるために必要なポイントは、

    「ギャップを演出する」という点です。

     

    あまりに作り込まれて完璧すぎるよりも、

    どこか親しみのある部分を意図的に演出した方が、

    反響がしっかりとれるということです。

     

    リアルな人間関係で考えていただいても、

    近寄りがたい方よりも、

    愛嬌があってどこか抜けている方の方が好かれるのと同様の原理です。

     

    勤務先を検討する際に、

    「人間関係」は常に上位にあがってきますので、

    こうした演出をすることは効果的です。

     

    このギャップを演出するために、

    活用しているのがユーチューブ動画です。

     

    プロで作っていただくのではなく、

    スタッフ同士でスマホで撮影していただき、

    30秒程度の簡単なもので制作しています。

     

    しっかり説明すれば、

    スタッフの方もユーチューバー気分で、

    乗り気で撮影していただきますし、埋め込んでいます。

     

    「完璧にやらないと気が済まない」という院長先生は、

    見直していただいても良いかと思います。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから