ブログ|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントコラム

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 歯科衛生士さんの採用力を高めるためには?

    2008年11月01日13:52
    カテゴリー:スタッフ採用・育成ノウハウ

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    そろそろ、本格的に歯科衛生士募集の季節になってきましたね。

    DH採用を目標にしている医院様のご健闘を祈ります。

    昨年に引き続き、今年も採用難であることには変わりませんが、募集の努力を医院として行っていくことで道は開けていくと思います。

    募集の流れは、大まかに申し上げると、①募集、②面接、③採用、④導入教育という4つのステップになると思います。

    募集に関しては以前に触れました。

    こちらをご参照くださいませ。

    http://ameblo.jp/funai-shika/day-20080825.html

    ところで、最近は上記のような手法もノウハウを取得している医院さんが増えているようで、以前ほどの効果が見込めなくなっています。

    今後は医院自体のあり方が、採用力に直結する時代に入っていくことでしょう。


    ところで、われわれ医院側はどのようなスタッフさんを求めますでしょうか?

    顧問先の先生にお聞きしますと、一様に以下のようなお話になります。

    「意欲的で勉強好きな人」

    「理解力がある人」

    「こちらの言うことを素直に聞く人」

    「明るくはきはきお話できる人」

    まさに理想的です。

    一方、そのようなスタッフさんに来ていただくためには、医院側の努力が必要になります。


    既に歯科医院は6.5万軒以上、存在し、供給過剰になっていますから、意欲的なDHほど、医院を吟味し、選択すると思います。


    顧問先のA医院様は安定してDHを毎年2名~3名採用することに成功していますが、そこには納得が行く理由があります。

    その理由を6点上げてみましょう。


    1.教育体制がしっかりしている。

    (マニュアルの整備、先輩スタッフからの教育システム。面接時に説明できるような医院は明らかに少なく採用はしやすいです。)


    2.手本となる先輩スタッフがいる。あるいは完全に手本とならなくとも、手本となれるよう努力をしている人がいる。

    (努力している先輩がいる前では後輩は自然とまじめに育つようです)


    3.その医院で勤めたら、どのような技能が身につくか明確である。

    (審美系なのか、予防系なのか、自費系なのか、一般的な予防業務のみを行わせる医院には集まりにくく、その医院で勤めたら、どのような技能が身につくのか、またその能力を医院の中で発揮することができそうか。患者にも評価されている医院に集まりやすい。)


    4.DHスタッフを医院の補助メンバーという位置づけでなく、医院を構成する必要不可欠なメンバーとしての位置づけをはっきりさせている。

    (医院の中心はDrであり、スタッフは従という位置づけでなく、DrとDHスタッフは対等で、単に役割分担をしているという位置づけ。能力の高い人ほど、チャレンジできそうな職場を選ぶ傾向にあると思います。)

    5.退職する場合も円満に退職する。いったん退職しても復帰できるような契約社員、パート社員契約システムが存在する。または実際にそのような社員がいる。

    (こじれた退職があった場合、悪感情をもったまま退職した場合、衛生士さん同士でのその医院の話をしますので、近隣への悪い口コミが発生する可能性が高く、今後採用しても、募集できないという可能性も残る可能性が高いです)

    6.評価制度あるいは評価システムが明確である。


    採用に成功している医院さんを見ていて思うのは、高いレベルのスタッフさんもに来ていただこうと思えば、医院自体もそのエリアで、高いレベルの診療、サービス、特徴、教育体制を持っていないと集まらないのだなというの事項でした。

    とても、現段階でそんなことはできていないよ、という医院様も全く心配要りません。

    今後そのような方向性に向かって、ウチの医院は努力しているよ、という点を説明できれば良いです。


    但し、採用面接での手法により、医院として採用したくないな、という方を見極める技術もありますので(もちろん全て面接段階で見極めることは難しいです)、その点も知っておく必要があると思います。

    これに関してはまたの機会に触れようと思います。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

    matsutani@funaisoken.co.jp

     

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    歯科医院開業の成功ポイント

    2008年10月26日15:59
    カテゴリー:開業ノウハウ

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    本日、矯正歯科医院向けセミナー が終了しました。

    好評でしたので、DVDとして販売予定です。

    完成いたしましたら、またご連絡させていただきます。

    今日は歯科医院開業のポイントについてお話しようと思います。

    といいますのは、ここ1年ほど開業に関する相談が増えています。

    開業前からソフト面に十分な準備をしておこう!という、若い先生方の時流を感じます。

    ソフト面に十分準備をしておくことで必ず成功に近づくことでしょう。

    1.立地

    当然のごとく、立地は重要ですが、単に人口動態や通行量が多い、近隣の医院数の多少という基準データのみでは、成功条件とはいえないと思っております。

    といいますのは、明らかに立地が悪い医院さんでも患者さんが来ておられたり、付近に近隣医院が25件あります。という医院さんでも十分以上の成果を上げている医院さんもあるからです。


    従って、付近に強力に患者さんを多く集めている医院さんの近くは止めておいた方がよいでしょう、ということです。

    「医院の数」ではなく、「医院の質」です。


    患者さんを集めている医院さんの近隣では、既に口コミが形成されている可能性がありますので、競合状態になると難しいと思います。

    そのような観点も合わせていれることをオススメします。

    2.コンセプトの重要性


    今後開業される歯科医院には、初めからコンセプト、簡単に言うと特徴を持たせて開業する必要があると思っています。

    ・例えば、常勤のドクター以外に、専門医が4名いますよ(Drによる差別化)
    ・朝はやりませんが、夜10時までやっていますよ。(時間戦略)
    ・この医院を設計したのは、○○ブランドを設計した人です(ハードのブランド化)

    良い方法は現在お勤めになられている医院さんがなぜ成功しているか、何が患者さんから評価されているかを自分なりに分析しておくことがよろしいかと思います。

    (勤務医をお持ちの医院さんであれば、きっと患者数が多く、人気のある医院さんだからだと思うからです)

    3.事前告知の重要性


    開業前の告知は特に重要です。

    様々な準備が必要なため、ついおろそかになってしまうようですが、告知なくして当初の来院数は上がりません。


    詳細はこちら をご覧ください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

    matsutani@funaisoken.co.jp

     

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    歯科医院のホームページの内容について

    2008年10月23日17:09
    カテゴリー:広告ノウハウ

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。


    先日ある顧問先の先生とこのようなお話をしました。


    先生「ホームページっていうのは、医院側が自由に書けますから、ちょっといいように書いて、患者さんに来てもらうこともできるんじゃないですか」


    私「確かにそうですね。写真や内容は見せ方でいかようにも書けますから。あとSEO対策をして、検索上位にランクされるようにしておけば、患者さんはその医院がいいと思い込んじゃうでしょうね」


    先生「そういうことはあるでしょうね。個人的には納得いきませんが。」


    私「しかし、そのような手法は私は短期的にはいい結果も産むかもしれませんが、長期的にはどうかと思いますよ。

    といいますのは、ホームページでいいと思ったら、来院前の期待値がすごく高くなりますよね。

    で、実際に行ってみると、そうでもなかった、こうなるとどうでしょうか。むしろ逆効果ですね。


    例えば、丁寧、親切な対応を行っています・・と言って、実際はそうではなかった。
    極端ですが、間違いなくきれいに治療が完了します・といっておいて、自分にはその治療法は当てはまらないといわれた。


    短期的には来院数は増えるけれども、長期的には悪い評価になるわけです。」


    先生「なるほど。じゃ、どうすればいいんでしょうか。」


    私「それは、医院でやっていること、考えていることを素直にそのまま書くということです。


    ホームページは医院の考えややっていることを正直に患者に伝え、その内容や考え方に共感して来院していただくというのが本来の姿だと思うんですね。


    そのようなホームページを作成されている医院さんが長期的には成功しています。


    いたずらにテクニックを駆使して、患者をホームページの内容で操作して、来院に結び付けても、あまりよい結果にはならないのではないでしょうか。

    ただし、内容を見ていただくために、SEO対策やリスティング広告を活用することは必要だと思います。」


    先生「具体的には何を書けばいいんですか?」


    私「それは簡単です。先生が患者さんに役に立つと思うことを書けばよいのです。


    例えば、先生の場合は、自費診療に力を入れていますから、なぜ自費診療が良いのかということを先生の言葉で書くということです。


    患者さんにとって自費診療がどうメリットがあるのかという視点から一項目作ると良いと思いますよ。」


    私の考えは単純で、患者さんにとってメリットのある内容が大切(実態に即している、嘘偽りのない。行って得する)だと思うのです。


    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

    matsutani@funaisoken.co.jp

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    歯科医院におけるホームページの更新頻度について

    2008年10月17日01:14
    カテゴリー:広告ノウハウ

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。


    HPを開設したものの、内容が半年1年、同じ内容です。というHPではなかなか来院数を増やすことは難しいでしょう。
    ではどれくらい、の頻度で変えればよいのか。
    私の顧問先のA医院はHPから毎月新患が20名程度こられていますが、


    こちらの院長はほぼ毎日、自力でHPの内容を修正されています。
    HPからの来院数が20名というのは、比較的多い方ですから、毎日の更新がひとつの要因であることは間違いないでしょう。
    HPは患者が最初に触れる場所ですから、飲食店や小売店で言うと店頭や入り口、の見た目、あるいは店頭の商品の品揃えにあたります。
    小売店や飲食店の店頭が、ずっと同じままでは明らかに鮮度が落ちていってしまうのと同じように、HPも定期的な修正が必要です。

    しかし、上記のA医院の院長にようにほぼ毎日というのは、現実的に難しいこともあるでしょうから、1ヶ~1.5月に1テーマづつでも新規の内容を加えたり、既存の内容より改善していく。という作業をおこなっていくことが良いでしょう。


    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら

    matsutani@funaisoken.co.jp

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    経営相談をいただいております

    2008年10月10日00:33
    カテゴリー:歯科界の動き

    こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    このブログを開設して9ヶ月少々となりますが、自分が思っていたより、経営に関する相談、お問い合わせが多いことに驚いております。

    改めて、自院の医院経営においての課題を皆様が認識し、その解決法を求められいるということをひしひしと感じております。


    相談される方に共通しているのは、今の医院をよりよくしたい、改善して目標に近づけたいという前向きな想いです。したがって、ネガティブなものではなくポジティブなものです。


    できる限り、そのような想いにお答えしたいと考えています。


    普段、顧問先の医院様にコンサルティングしていることの一部の情報ですが、このブログが何らかのお役に立てているようでしたら大変うれしいです。


    また、自分の書いていることに対して、反応をいただけるというのは、自分が必要とされているということが感じられてモチベーションがあがりますね。


    改めて、お役に立つ情報の発信に努めたいと思っております。


    顧問先の医院様はもちろんのこと、このブログをお読みいただいている、院長先生のお役に立てることを自分の望みとして今後とも情報発信していきたいと考えています。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら

    matsutani@funaisoken.co.jp

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから