ブログ|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントコラム

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 「歯科医院経営コンサルティングレポート〜船井流 1000院からの成功事例報告〜」   2016/04/12号

    2016年09月22日12:00
    カテゴリー:未分類

    「歯科医院経営コンサルティングレポート〜船井流 1000院からの成功事例報告〜」   2016/04/12号 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ************************************************************************** 「10年後の歯科業界予測」 ************************************************************************** こんにちは。 船井総研 歯科チームの松谷直樹と申します。 本日のテーマは10年後の歯科業界がどのように変化するかという点について 3つの環境変化を元にお伝えしたいと思います。 一点目にお伝えしたいのは歯科医師の需給問題です。 2016年の歯科医師国家試験の合格発表があったという話をお聞きしました。 今年は合格者数が2,000人を切り、合格率が63%代だということで、 過去最低だということです。 従って歯科医師数の減少、特に29歳以下の若手歯科医師の減少は 今後も進むことと思われます。 このことは勤務医採用の激化と開業数及び歯科医院数の減少 ということにつながる可能性があります。 二点目は日本国民の口腔内の変化です。 一方で、歯の健康は年々健康度を増しており、 12歳児の一人平均う蝕歯数の平均本数は4.30本(H1)から1.05本(H25) と減少しています。 また、80歳〜84歳の1人平均残存歯数も増加し続け12.2本となっています。 また、歯周病罹患率(4mm以上の歯周ポケットを有する者)の割合が減少傾向にある という統計データも出ています。 このことは、国民の口腔内の健康が増進していることを示していると思います。 このことは大変すばらしいことだと思います。 そして、この事実は何を意味するでしょうか。 個人的な予測で恐縮ですが、今後むし歯治療や歯周病治療は減少する可能性があり、 よりむし歯や歯周病のメンテナンス患者が増加する、 あるいはその必要性は増していくと思いますし、 そのような医院は必要とされていくと思います。 私の顧問先の都内23区内の医院様では、殆どクラウン治療の患者はおらず、 むし歯治療はインレーやCR充填で治療が可能な患者さまで 占められているというお話をお聞きすることがあります。 このような状況は日本全国的に広がっていく可能性があると思います。 三点目は歯科業界に大きな影響があると思われる日本の人口構造の変化です。 2025年問題というキーワードをご存知でしょうか。 日本の人口の最もボリュームの多い「団塊世代」が75歳以上の 後期高齢者にさしかかっていく年が2025年と言われています。 この時75歳以上の人口は過去最高の全人口の30%に達します。 このことにより医療費の大幅な増加が見込まれており、 2013年段階の国民医療費は40兆円なのですが、 2025年には52〜4兆円にまで増加すると予測されています。 このことは何を意味するでしょうか。 このことは外来患者様の減少と訪問歯科受診希望者の 大幅な増加ということになると予測しています。 10年後には、患者さまから「当院は訪問歯科はやっていないんですよ」 とお話しすると「えー」と言われる時代が来るかもしれません。 このことは、 今あなた様が38歳の院長先生でしたら48歳の時になります。 今あなた様が45歳の院長先生でしたら55歳の時になります。 今あなた様が58歳の院長先生でしたら68歳の時になります。 上記の予測はあくまで予測ですので、わかりませんが、 事実として起こっていること、あるいは統計上ほぼ確実な未来として示されていること このような情報をどのように捉えるか この変化に対してどのような対応策を 今から立てていくかということによって、 先生方の歯科医院の将来は大きく変わってくることと思います。 私たちも皆様にお役にたつような情報発信を今後とも行いたいと考えております。 【執筆者:松谷 直樹】 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    【院内販促】院内掲示と患者様向けツールで情報発信のストーリーをつくる

    2016年09月21日23:47
    カテゴリー:ファン患者(信者患者)様を増やそう

    皆さん、こんにちは!

    今日は、院内情報発信を行う際に気をつけたいポイントの一つとして、

    『見せる情報をストーリーづける』ことについてお話したいと思います。

    ストーリーづくりとは、つまり伝える情報の順番を意識して見せることで、患者様が新しい情報に対する「認知」の行動から、

    「購買欲求」が働くまでのストーリーをつくることができる、というものです。

    例えば、人気コスメショップのPOPによる情報戦略では、たくさんある商品の中から自分に必要となる商品を

    見つけ、知り、その後実際に商品を使用する時をイメージしてもらえるようなストーリーをつくるために

     

    1.季節イベント
    2.ランキング
    3.人気・定番
    4.商品説明
    5.実際の使い方
    6.注意点・トラブル時の対処方法

     

    という情報発信の順番をとっています。

    これを歯科医院の発信に置き換えるとどうなるのか考えてみましょう。

    歯科医院の院内には、すでに動線があることが多いですので、新しい患者様を想定して、

    院内の動線×目線上に情報発信ストーリーの一例をつくってみます。

     

    1.医院の理念・コンセプトを見せるウェルカムポスター/ボード@玄関
    →まずは始めましてのご挨拶。+うちの医院はこんな医院を一言で!

     

    2.医院のお約束POP/パンフレット、お知らせPOP@受付
    →医院と患者様がよりよい関係であるために伝えたいキャンセルポリシーなどの

    情報提供、保険証提示など受付に必要なお知らせをする。

     

    3.医院の強い治療メニュー紹介/支持されている治療ベスト3紹介@待合室
    (価格は見せない)
    ニーズ掘り起こしのためのお口の健康啓蒙動画@待合室
    →医院の強み、他とは違う価値をアピールする。そしてなぜその治療が必要とされているのか

    知ってもらう、気づきを与える。

     

    4.治療メニューの流れ・価格・効果とメリットなどを伝えるポスター@チェアサイド
    (価格あり)
    →医院の強みであるメニューについて、より強く訴求する。価値を納得させてから価格提示は

    その価値・メリットを十分情報発信してから見せる。

     

    5.会計時にオススメしたメニューに関するパンフレット手渡し@受付
    →カウンセリングで伝えきれなかった内容や、その場だけでなく、その後も余韻を残して

    思い出してもらう、印象に残るようにする。またその場で決めきらなかった患者様の

    検討材料になるような情報提供をする。

     

    もちろん、打ち出したい治療内容や、

    先生が大切にされている価値観によって、いくらでも変えることはできますが、大事なのは、新しい患者様に

    医院の価値感・大切にしていることをしっかりと認識していただき、ご自身の受けている治療に価値を

    感じていただく、また安心していただくためには、情報発信を積極的に考えていくことも今後必要と

    なってくるのではないでしょうか。

     

    長くなりましたが、今日は、院内情報発信のストーリーづくりについてお伝えさせていただきました。

    患者様に医院のファンになっていただき、『ずっと通っていただける医院づくり』を情報発信という切り口からも少し意識していただければと思います。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    「歯科医院経営コンサルティングレポート〜船井流 1000院からの成功事例報告〜」   2016/04/10号

    2016年09月20日12:00
    カテゴリー:未分類

    「歯科医院経営コンサルティングレポート〜船井流 1000院からの成功事例報告〜」   2016/04/10号 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ************************************************************************** 「スタッフさん向けのオススメ教育本」 ************************************************************************** 皆さん、こんにちは。 歯科コンサルティングチームの水野陽介と申します。 今回のテーマは「スタッフさん向けのオススメ教育本」についてです。 「うちのスタッフに何かためになるような本ないですか」 そんなお悩みの声をよく聞きます。 そこで、歯科医院で働いているスタッフさん方にぜひ一度手に取って読んで頂きたい本を 船井総研が二つのカテゴリーに分けてご紹介させて頂きます。 <スタッフさんのスキルアップ> ・ステップアップ歯科助手ガイドブック(埼玉県歯科医師会/3,240円) ・デンタルオフィス入門(遠山 佳之・対馬 ゆか/3,456円) ・歯科医院の受付・事務マニュアル(田上 めぐみ/2,160円) ・歯科医院の受付はコンシェルジュ(林 美穂・下釜 祐子/3,456円) ・歯科医院で働くスタッフのためのお仕事マナー講座(杉元 信代/4,884円) ・患者さんを迎えてから見送るまで-歯科医院のホスピタリティ(菅原 徹/5,400円) <自己啓発> ・7つの習慣-成功には原則があった!(スティーブン・R. コヴィー/498円) ・どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ(ANAビジネスソリューション/ 1,512円) ・日本でいちばん大切にしたい会社(坂本 光司/1,512円) ・超一流の雑談力(安田 正/1,490円) ・夢をかなえるゾウ(水野敬也/700円) 各カテゴリーから1冊ずつピックアップしてご紹介させて頂きます。 スタッフさんのスキルアップからは「歯科医院で働くスタッフのためのお仕事講座」です。 なにが、素晴らしいかは開けばすぐに実感いたします。 とにかく、見やすく、読んでいる側に飽きさせない工夫がたくさん施してあります。 イラストが多く使用されていたり、手書きで書き込んだような下線が引かれていたりと。 内容としては、歯科医院で働く主に入社してから3年目くらいまでの新人スタッフさん向けとなっており、 仕事のマナーから院長先生方が最低限スタッフさん方に知っていてほしいことが網羅された1冊となっております。 自己啓発のカテゴリーからは「7つの習慣-成功には原則があった!」です。 本屋などで一度は目にしたことがあるかと思われる1冊です。 人格をどう磨いていき、どう人生を幸せにしていくのかということが書かれています。 読んでみると、基本的には人生を送る上で当たり前のことが書かれています。 主体的に物事を考えることや相手の気持ちに立って理解するスタンスを持つなどといったことです。 しかし、そんな当たり前のことが本当に人生を豊かにする上で大切だということに気づかせてくれる1冊となっております。 最近では、漫画になって出版などもされているので、文章ではという方はそちらもおススメいたします。 どれを読んでもためになるものばかりなので、ぜひ一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。 【執筆者:水野陽介】 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    【医療広告】美容医療などの広告規制について

    2016年09月11日10:00
    カテゴリー:WEBマーケティング

    いつもお読みいただきましてありがとうございます。

    船井総研の許斐が執筆をさせていただきます。

     

    表題にもございますが、先日以下のようなタイトルがヤフーのトップ記事にて話題になりました。

    「美容医療サイトなどで誇大な表示を禁止 国が規制強化」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00000104-asahi-soci
    
    

    今回は美容医療についての誇大広告の禁止となっておりますが、

    美容医療に次いで、広告規制が近年厳しくなっているものが歯科医院のインプラント治療や矯正歯科であったりします。

    実際に弊社でもたくさんのクライアント様でマーケティングを実施しておりますが、

    インプラント、矯正歯科は非常に広告規制が厳しくなっているのは実感値としてもございます。

     

    今回の流れで、たとえばPPC広告(リスティング広告)などはより一層広告の規制が厳しくなると予想されます。

    規制が厳しくなるということは、たとえば今まで黙視されていた比較広告(地域最安値~)や誇大広告(人気N01~治療)などの

    広告が不承認となってしまうことです。

     

    今回は美容医療への言及でしたが、マーケティングが激化しているインプラント、矯正歯科なども

    今後より一層厳しくなる見込みがございます。

    改めて、医療広告ガイドラインにのっとった適正なマーケティング手法が求められているかと思います。

    また今後の動向も本ブログを通してお伝えできればと思います。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

     

    執筆者:許斐

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    【人財開発】全国各地で歯科衛生士給与相場が高騰中!?

    2016年09月07日19:19
    カテゴリー:人財採用

    みなさん、こんにちは。

    船井総合研究所歯科医院経営コンサルティングチームの坂下大樹です。

     

    我々、歯科人財開発チームでは、日々全国の歯科医院様で、

    採用を中心に組織活性化のお手伝いをさせていただいております。

    今回は、歯科衛生士の給与について、お話をさせていただきます。

     

    歯科人財開発チームでは、定期的に全国各地の歯科衛生士(主に新卒)の求人給与相場を調査しております。

    ※対象は、採用に積極的な医院を対象にしてり、実際の平均相場よりは高めです

     

    2015年1月時点のエリア別給与相場は以下となります。

     

    『エリア別新卒衛生士給与相場一覧』(2015年1月)

    関東:22.88万円(都市部は23.84万円)

    関西:19.53万円(都市部は22.73万円)

    東海:20.10万円

    北海道:17.76万円

    東北:20.79万円

    九州:18.84万円

     

    あくまで参考の指標であり、

    仙台、名古屋、福岡などの地方都市部でも、大幅に相場以上となります。

    逆に、東北や九州では16~17万円のエリアもございます。

     

    このように、各エリアの指標をだしているのですが、

    最近では、相場に大きな変動があります。

     

    実際に求人活動を行っておられる医院様は体感されていらっしゃるかと思いますが、

     

    東京では、25万円以上

    またその他の大都市でも24万円程度になっております。

    (横浜市、大阪市、京都市、名古屋市、仙台市など)

     

    さらに、給与だけでなく、「社保完備」、「19時退勤」、「週休3日制」などといった

    高待遇がこちらに追加されております。

     

    人財難の時代ではありますが、今後業績が上がっている(給与支払い能力が高い)医院は、

    更に給与や待遇を引き上げ、どんどん二極化が進むことが予想されます。

     

    同様に、無資格者の歯科助手についても、

    給与相場は値上がりを続けており、都心部では20万円近くと、

    一昔前の歯科衛生士の給与との差があまり見られなくもなっております。

     

    これまで同様に、なんとなく求人を出せば人が来る時代は完全に終焉を迎えております。

     

    良い人財を確保するためにも、1人当たりの生産性を向上させるためにも、

    改めて自院の採用戦略を見直すことが必要不可欠です。

     

    『本気で採用を取り組みたい!』

     

    『医院の現状を知りたい!』

     

    という医院様のために、無料採用診断をさせていただきます。

     

    詳しくは、以下リンクをクリックしていただきご欄ください。

     

    採用力診断

     

    最後まで、お読みいただきありがとうございました。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから