歯科医院の経営のことなら船井総合研究所まで

トップページ > メルマガバックナンバー > 「“この医院に通いたい!”と思えるホームページですか?」
メルマガバックナンバー

「“この医院に通いたい!”と思えるホームページですか?」

皆さん、こんにちは。
船井総研歯科医院コンサルティングチームの小川 純平(オガワ ジュンペイ)です。
今回は私がメールマガジンを担当いたします。

私は主に歯科医院のWEB集患に関してのご相談を日々お受けしておりますが、その多くが

「自院のホームページの検索順位を上げてほしい。」

といったご相談です。

確かに検索順位が上位になればなるほど、皆さんのホームページに訪れる人の数は必然的に増加します。(いわゆるSEO対策のこと)

しかしながら、ここで勘違いしていただきたくないのが、

「“検索順位の上昇”≠ 増患」

ということです。


よくある喩えに、Googleの検索エンジンは大型書店で、自社のホームページは一冊の本というものがあります。

皆さんは大型書店に入った時に、おそらく、まず目にするのがランキングコーナーといったものでしょう。

当然、あのコーナーにランクインしている本は、他の本に比べて、お客様の手とってもらえる機会は圧倒的に多いです。

しかしながら、実際にランクインしている本を手に取り、パラパラとめくったところで、明らかに読み辛い。面白くなさそうな本。書いてある情報が何年、何ヶ月も昔の本でしたらどうでしょう。皆さんはその本を購入するでしょうか。



さて、果たして、皆さんのホームページは、

・見やすい安心感の伝わるデザインでしょうか。
・治療内容、方針等が分かりやすく説明されておりますでしょうか。
・日々更新をされておりますでしょうか。

検索順位にばかり躍起になっていて、本質を見失っていませんか?

10位を5位以内に!5位を1位に!
というお気持ちはよく分かります。

ただ少なくとも検索順位1ページ(10位)以内に入っているホームページであれば、
(地域に依りますが)月1,000人以上の訪問がございます。

皆さんはその1,000人の方に見せても恥ずかしくないホームページと自信を持って言えますでしょうか。

まさか、最後にいつ更新したかも、書いてある内容も覚えていない。なんてことはございませんか?

今一度、皆さん自身の目で
“この医院に通いたい!”と思える(思わせる)ホームページになっているのかを確かめてみてください。


「自分たちのホームページが果たして良いものかどうか分からない。」
「良いものにしたいけれども、具体的にどうすればいいか分からない。」

そのようなお悩みがございましたら、弊社でもWEB集患に関してのご相談を承っております。是非ともご相談ください。

【執筆者:小川 純平】
  • facebook 0
  • はてなブックマーク 0
メルマガ登録