かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)の届出を出すために

2016年08月09日 (火)

コラムテーマ:
未分類

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

 

皆さん

こんにちは。

船井総合研究所の矢田です。

 

弊社のクライアント様の中で最近「か強診」の届出を出すために、

「どうしても一件だけ訪問診療を行いたい!」

「これを契機に本格的に訪問診療を始めていきたい!」

という方が増えております。

 

本日お伺いした医院様でも、訪問診療の実績を作りたい

という話をここ数か月していましたが、以前義歯を製作した

患者様で介護施設に入居された方がいらっしゃり、

ご家族から「入れ歯の調整をお願いしたいが、介護施設に入居したためどうすればよいか」

という問い合わせが入り、運よく訪問診療の実績獲得につながりました。

 

ただこのようなケースはまれで、訪問歯科の実績を作るのに苦労されている方や、

訪問歯科を行うことのハードルを感じ届出を諦めてしまっている方も多いかと思います。

 

このようなまず「何とか一件だけでも訪問診療を行いたい」

という方には既存患者様へのアプローチの強化をお勧めしております。

 

例えば問診表で同居している家族構成をお聞きし、

訪問歯科対象者がいるかをヒアリングし、

もし対象者がいれば訪問歯科の利用を促す。

 

また継続的に通院している方でもヘルパーさんに付き添いをお願いしていたり、

杖を使っていらっしゃる方に訪問歯科の利用を促す等、

意外と身近なところからアプローチが可能です。

 

今後こういった「か強診」届出提出のための訪問歯科導入の

マニュアルの販売等も弊社で予定しておりますので、

またこちらも完成次第ご報告できればと思います。

 

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

矢田 琢朗

プロフィール詳細

「治療技術は一流でスタッフの方々に対する愛情もあるのに、そのことを上手く伝えられていない院長先生が圧倒的に多い」。コンサルティングの現場で感じた経験から、院外・院内での情報発信、先生とスタッフの円滑なコミュニケーションを図り、先生の思いを実現できる医院の姿を目指していく。先生、スタッフ、患者さま、それぞれの間に入り、「つなぐ」ことをコンサルティングの信条としている。

ブログ:“元ボクサー”矢田琢朗の情熱日和
http://ameblo.jp/t-yada/

ページのトップへ戻る