今後「労働力不足」「外来患者の減少」という激動の時代が来る歯科業界を乗り切る為には、【情報】が必要です。

小冊子の無料ダウンロートはこちらから

順調な歯科医院と苦戦している歯科医院
その唯一の違いは【正しい情報を持って、行動が出来ているかどうか】です。
皆さんは歯科医院経営に対する正しい知識を持っていると言えますでしょうか?
今よりもより良い歯科医院を作る為の方法が明確になっていますでしょうか?

  • 歯科医院経営に対する正しい情報を持っていると自信を持って言える。
  • 新患数の多い、人が集まってくる歯科医院作りの方法が分かる
  • 今後5年・10年後の歯科業界に何が起き、どう変化していくのかが分かる
  • 半永続的に人材を安定的に採用する為の手法を理解している
  • 高い生産性を実現する自費率の高い歯科医院作りが実践できている
  • 予防を軸に置き、衛生士が主体となる歯科医院作りの方法を理解している

チェックが一切つかなかった方は、本日を機に正しい情報を獲得する大チャンスです。

国内最大の経営コンサルティング会社、船井総合研究所には200を越える歯科医院とのお付き合いがあり、
多種多様な悩みに対する【答え】を持っています。

多くの歯科医院様が抱えるこのような悩みへの答えとなる月に20万円以上の
費用がかかるトップコンサルタントが直々に執筆した経営冊子を
今なら無料でダウンロードすることが出来ます。

【新着】小児特化型歯科院経営のための最新レポート

少子高齢化の時代、今後、各医院は差別化・ブランド力が必要になってくる。如何に患者様満足度・デンタルIQをあげて、小児の集患・収益化につなげていくかが重要になってくる。

是非ご一読ください!(全13ページ)

セミナー講座とテキスト内容を見る

セミナー講座とテキスト内容

◆はじめに 少子高齢化社会の影響
◆4つの観点 小児歯科経営で考える視点
◆ハードとソフト 医院が強化するべき点
◆小児歯科からの広がり 小児歯科特化は収益性がでるのか?
◆小児のアポイント時間 小児予防の時間(生産性)①
◆小児のアポイント時間 小児予防の時間(生産性)⓶
◆時間・診療フロー・集患 ソフト面の強化
◆販促と情報提供 小児歯科に特化するための販促と情報提供
◆小児口腔機能管理加算 口腔機能管理からの広がり
◆差別化・ブランディング化 デンタルIQをあげていくこと

効率的で生産性の高い歯科医院経営のための育成コンセプト型予防矯正最新レポート

人口減少に伴う、小児矯正市場の活性化「小児矯正」が今の時代・これからの時代に必須の理由

是非ご一読ください!(全20ページ)

セミナー講座とテキスト内容を見る

セミナー講座とテキスト内容

◆はじめに なぜ小児歯科の中で、予防と矯正が増加するか
◆市場背景のまとめ
◆予防矯正の説明 予防矯正治療と対象年齢
◆なぜ予防矯正を行う必要があるか?~歯科医院としての収益×社会を考える~
◆予防矯正を導入し、無資格者に活躍の場を広げていただく~全員主導の医院のための第一歩~
◆子どもの口腔機能を早期に治すべき理由
◆多くの歯科医院が予防矯正への関心を示している
◆予防矯正に興味がある&既に導入している方へ~こんなお悩みありませんか~
◆予防矯正成功事例の紹介~徳倉歯科口腔外科・矯正歯科事例~
◆徳倉歯科口腔外科・矯正歯科の成功ポイントの整理
◆予防矯正をスピーディーに導入する上で船井総研矯正研究会入会のご案内
◆船井総研矯正研究会入会特典のご案内
◆予防矯正導入後の数値シミュレーション
◆船井総研のコンサルティング内容予防矯正の導入/活性化から外来診療や採用のサポートまで

効率的で生産性の高い歯科医院経営のための診療効率化最新レポート

診療効率化の最終目的は生産性を高めて、利益率を上げることである。また、診療を効率的に行うことができれば医院としての基盤が整い、事業拡大やスタッフ定着にもつながる。

是非ご一読ください!(全14ページ)

セミナー講座とテキスト内容を見る

セミナー講座とテキスト内容

◆診療効果の目的と必要性
◆予防歯科の現状と今後の流れ
◆診療体制の変更はトップダウンでは難しい
◆診療効率化の施策一覧
◆キャンセル・急患への対策
◆人員体制
◆アポの空き枠対策
◆アポの入れ方
◆ユニット1台当たり1日の患者数
◆カウンセリングルームの活用
◆待ち時間について

予防中心の歯科医院を目指して唾液検査活用レポート

2018年度の診療報酬改定から読み解く今後の方向かかりつけ歯科医として、検査を中心に捉えた歯科医院へのシフト

是非ご一読ください!(全12ページ)

セミナー講座とテキスト内容を見る

セミナー講座とテキスト内容

◆予防に関する歯科医院の現状
◆他の媒体と比べた際の唾液検査
◆なぜ唾液検査を導入する必要があるのか
◆唾液検査の価格設定
◆唾液検査の実施タイミング
◆唾液検査のフィードバック
◆予防歯科をさらに発展させるために

今、インプラントが求められている理由と増患のコツを徹底解説!

増える欠損患者様に対して、インプラント治療は「咬む力」を取り戻し、口腔筋機能改善を図ることができるという強みを持ちます。

この強みが秘める、社会に対する貢献度の高さを解説。増患・成約のためのコツを大公開いたします。

是非ご一読ください!(全17ページ)

セミナー講座とテキスト内容を見る

セミナー講座とテキスト内容

◆2025年問題
  • 高齢化社会の日本におけるインプラントについて
  • 患者様のQOLを高める効果
◆ライフサイクル理論
  • ライフサイクル理論からみるインプラントの現状
  • インプラント強化の差別化戦略
◆インプラント強化で伸びる歯科医院の特徴
  • 成約数アップの基本公式
  • 院内マーケティングモデルとは
  • webマーケティングモデルとは

矯正特化型の歯科医院を目指してマウスピース矯正 増患・成約レポート

カリエス・欠損患者様の減少の歯科業界において、インプラントに代わる自費治療として注目されているのが、この矯正分野です。マウスピース型の矯正治療の台頭により、矯正専門医・認定医でないGP(総合歯科医)でも矯正治療ができるようになり、その市場競争は激化の一途を辿っています。

その中でも他院よりも一歩前で出るための施策を大公開!

是非ご一読ください!(全27ページ)

セミナー講座とテキスト内容を見る

セミナー講座とテキスト内容

◆歯科の市場から見る、成人矯正分野

  • 矯正市場が活性化している背景の確認
  • 成人矯正分野における、マウスピース矯正市場の成長要因
◆成人矯正マーケティング概論
  • 矯正治療成約件数UPのための計算式
  • 検査移行率UPのための施策
  • 成約率UPのための施策
  • 相談率&成約率UPのための施策(主訴)
◆成人矯正Web集患の方法
  • Webマーケティング概論
  • Webマーケティング戦略
◆成人矯正マーケティングをより深く勉強したいかたへ
  • 矯正特化型歯科経営研究会のご案内

小児歯科はこれからが最盛期。新コンセプト型の小児矯正、【予防矯正】の魅力・成約のポイントを徹底解剖。

世間におけるカリエス治療減少、予防と矯正市場の活性化の背景・原因を考える歯科業界の新潮流「予防矯正導入」が次なる一手、真に世間から必要とされる治療を新たな自費診療の柱を検討中の皆様へ、予防矯正特化型歯科医院の創り方を大公開

欠損治療減少の今、全員主導型の組織と生産的な歯科医院を目指す成功事例の成約のポイントも掲載。スタッフさんを活用し、無駄のない経営をするためにはご一読を推奨しています

是非ご一読ください!(全21ページ)

セミナー講座とテキスト内容を見る

セミナー講座とテキスト内容

【小児歯科はこれからが最盛期。新コンセプト型の小児矯正、予防矯正の魅力・成約のポイントを徹底解剖】

現在活性化している矯正市場の中で存在感を放つ【予防矯正】ですが、導入していかれる歯科医院様で苦戦されている方が多く、よくご相談をいただきます。何故でしょうか。原因としては、

  • 従来の矯正と違い、スタッフさんに成約前のカウンセリング・成約後のアクティビティを理解し、行っていただく必要があるため。
    ※予防矯正は無資格者(歯科医院における無資格者なので保育士・管理栄養士を含む)の方が収益を得られ、ご活躍していただける治療です。
  • 歯ならびが悪くなる原因である、口腔機能の悪習癖を伝達するカウンセリングが出来ていない⇒そもそも悪習癖が歯だけでなくお子様の成長にどれくらいの悪影響を与えるかも話せていない
  • 導入を検討しているが、そもそも何をすれば良いか・どのように進めていくべきか分からない

このようなお悩みをお持ちの方が非常に多く、ご相談をいただきます。
予防矯正はお子様を正しい成長に導く治療であり、その社会性の高い治療を行えるのは歯科医院だけであると感じております。これからの日本の将来を創るお子様の未来に必要な治療でございます。是非に皆様に始めていただければ幸いでございます。

◆こんな課題をお持ちの方にオススメ
  • 既存の予防矯正システムを導入しているが、どのようにカウンセリングを行っていけばよいか分からない 【全体像の不明瞭】
  • 予防矯正で小児の初診から成約まで行きつく流れが想像できない
  • 口腔習癖のクセを治すどのようなアクティビティを行うべきか分からない
  • 院長先生が動いてしまいすぎるマンパワー型で、スタッフさんがカウンセリングを行う体制が出来ていない為、スタッフさん主導で成長できる環境が整っていない
  • 新たな自費診療の柱として、予防矯正導入を進めていきたい・気になっている
  • 予防矯正だけなく、スタッフさんのカウンセリング体制を整えられていない
  • そもそも保育士・管理栄養士をはじめ、歯科助手や歯科衛生士の採用が出来ていない

このように考えられている医院様が増えており、相談をいただく方が多いので同じようなお悩みをお持ちの医院様がいらっしゃいましたらご一読、ご相談下さい。

歯科医院経営研究会(FDI)のご案内

歯科医院経営研究会(FDI)とは、歯科医院の業績アップを目的に、歯科医院経営の時流や専門情報、即実践ツールの紹介、参加者同士の成功事例を共有する研究会です。

ページのトップへ戻る