今後「労働力不足」「外来患者の減少」という激動の時代が来る歯科業界を乗り切る為には、【情報】が必要です。

小冊子の無料ダウンロートはこちらから

順調な歯科医院と苦戦している歯科医院
その唯一の違いは【正しい情報を持って、行動が出来ているかどうか】です。
皆さんは歯科医院経営に対する正しい知識を持っていると言えますでしょうか?
今よりもより良い歯科医院を作る為の方法が明確になっていますでしょうか?

  • 歯科医院経営に対する正しい情報を持っていると自信を持って言える。
  • 新患数の多い、人が集まってくる歯科医院作りの方法が分かる
  • 今後5年・10年後の歯科業界に何が起き、どう変化していくのかが分かる
  • 半永続的に人材を安定的に採用する為の手法を理解している
  • 高い生産性を実現する自費率の高い歯科医院作りが実践できている
  • 予防を軸に置き、衛生士が主体となる歯科医院作りの方法を理解している

チェックが一切つかなかった方は、本日を機に正しい情報を獲得する大チャンスです。

国内最大の経営コンサルティング会社、船井総合研究所には200を越える歯科医院とのお付き合いがあり、
多種多様な悩みに対する【答え】を持っています。

多くの歯科医院様が抱えるこのような悩みへの答えとなる月に20万円以上の
費用がかかるトップコンサルタントが直々に執筆した経営冊子を
今なら無料でダウンロードすることが出来ます。

【新着】成人矯正の増患方法と成約のコツ

カリエス・欠損患者様の減少の歯科業界において、インプラントに代わる自費治療として注目されているのが、この矯正分野です。マウスピース型の矯正治療の台頭により、矯正専門医・認定医でないGP(総合歯科医)でも矯正治療ができるようになり、その市場競争は激化の一途を辿っています。

その中でも他院よりも一歩前で出るための施策を大公開!

是非ご一読ください!(全34ページ)

セミナー講座とテキスト内容を見る

セミナー講座とテキスト内容

◆歯科の市場からみる成人矯正分野

  • う蝕患者の減少、欠損患者の減少から考える矯正市場の成長
  • マウスピース矯正等によるGPの矯正分野参入による競争激化
◆成人矯正マーケティング概論
  • 成立商圏
  • 予防矯正で小児の初診から成約まで行きつく流れが想像できない
  • 自院のUSPを考える
  • Webマーケティング
  • 院内マーケティング(デンタルローン、カウンセリング等)
◆成人矯正Webマーケティング
◆矯正特化型歯科経営研究会のご案内

小児歯科はこれからが最盛期。新コンセプト型の小児矯正、【予防矯正】の魅力・成約のポイントを徹底解剖。

世間におけるカリエス治療減少、予防と矯正市場の活性化の背景・原因を考える歯科業界の新潮流「予防矯正導入」が次なる一手、真に世間から必要とされる治療を新たな自費診療の柱を検討中の皆様へ、予防矯正特化型歯科医院の創り方を大公開

欠損治療減少の今、全員主導型の組織と生産的な歯科医院を目指す成功事例の成約のポイントも掲載。スタッフさんを活用し、無駄のない経営をするためにはご一読を推奨しています

是非ご一読ください!(全21ページ)

セミナー講座とテキスト内容を見る

セミナー講座とテキスト内容

【小児歯科はこれからが最盛期。新コンセプト型の小児矯正、予防矯正の魅力・成約のポイントを徹底解剖】

現在活性化している矯正市場の中で存在感を放つ【予防矯正】ですが、導入していかれる歯科医院様で苦戦されている方が多く、よくご相談をいただきます。何故でしょうか。原因としては、

  • 従来の矯正と違い、スタッフさんに成約前のカウンセリング・成約後のアクティビティを理解し、行っていただく必要があるため。
    ※予防矯正は無資格者(歯科医院における無資格者なので保育士・管理栄養士を含む)の方が収益を得られ、ご活躍していただける治療です。
  • 歯ならびが悪くなる原因である、口腔機能の悪習癖を伝達するカウンセリングが出来ていない⇒そもそも悪習癖が歯だけでなくお子様の成長にどれくらいの悪影響を与えるかも話せていない
  • 導入を検討しているが、そもそも何をすれば良いか・どのように進めていくべきか分からない

このようなお悩みをお持ちの方が非常に多く、ご相談をいただきます。
予防矯正はお子様を正しい成長に導く治療であり、その社会性の高い治療を行えるのは歯科医院だけであると感じております。これからの日本の将来を創るお子様の未来に必要な治療でございます。是非に皆様に始めていただければ幸いでございます。

◆こんな課題をお持ちの方にオススメ
  • 既存の予防矯正システムを導入しているが、どのようにカウンセリングを行っていけばよいか分からない 【全体像の不明瞭】
  • 予防矯正で小児の初診から成約まで行きつく流れが想像できない
  • 口腔習癖のクセを治すどのようなアクティビティを行うべきか分からない
  • 院長先生が動いてしまいすぎるマンパワー型で、スタッフさんがカウンセリングを行う体制が出来ていない為、スタッフさん主導で成長できる環境が整っていない
  • 新たな自費診療の柱として、予防矯正導入を進めていきたい・気になっている
  • 予防矯正だけなく、スタッフさんのカウンセリング体制を整えられていない
  • そもそも保育士・管理栄養士をはじめ、歯科助手や歯科衛生士の採用が出来ていない

このように考えられている医院様が増えており、相談をいただく方が多いので同じようなお悩みをお持ちの医院様がいらっしゃいましたらご一読、ご相談下さい。

次世代型カウンセリング解説レポート

他業界と同様、歯科業界にも人手不足の影響が多分にあるなか、「採用力」と「定着率」を向上させることは急務です。

そこでカギとなるのが、無資格者スタッフに活躍してもらい、いかに生産性を向上させるか、です。
カウンセリングを上手に活用し、業績アップを図るノウハウをレポートにまとめました。

これからカウンセリングを導入される先生も、従来からのカウンセリングに停滞感を感じている先生方も、是非ご一読頂きたいと思います。

是非ご一読ください!(全48ページ)

セミナー講座とテキスト内容を見る

セミナー講座とテキスト内容

<レポート内容>
  • 歯科業界の“今”
  • なぜカウンセリングに取り組むのか
  • カウンセリング導入 成功のカギ 「仕組み化」
  • カウンセリング導入 成功のカギ 「タイプ分類」
  • カウンセリングのよくある疑問

2025年以降も必要とされる歯科医院になるために

働き手が減り、外来患者数も確実に減少していく 今の競争状態はより激化する傾向にあります。

2025年問題は歯科業界も避けては通れません。
そんな中で、歯科医院が【今】必ずやっておかなければならないこととは?

  • 2025年問題に対応するためには、〇〇〇〇年までに〇〇を行う必要がある
  • 2018年内に必ずやりきるべき【〇〇の作成】【〇〇の向上】【〇〇の育成】
  • 2025年問題を乗り越える歯科医院はズバリ「××××××××型」歯科医院!

是非ご一読ください!(全48ページ)

セミナー講座とテキスト内容を見る

セミナー講座とテキスト内容

2025年問題を真剣に考える
  • 今と2025年の違い(起こりうる変化)
  • 年齢別人口の推移から考える
  • 歯科事情から考える
  • 国が掲げる政策の方向性から考える
来る人口難に備えた生産性向上
  • 社会構造の変化
  • 人口ピラミッド~日本の将来推計人口~
  • 人口推移、経済成長の見込み
  • 2025年の労働不足人口
  • 歯科業界における生産性の向上
2025年を見据えた2020年までの中期経営計画書立案
  • 中期経営計画書立案の大前提
  • 歯科業界におけるグレートカンパニーとは
  • 経営計画書作成のポイント
  • 未来から逆算して考える
  • 確実に厳しくなってしまう歯科医院・クリニックとは
  • 理念・ビジョンに基づく勝つためのシナリオ
  • 経営計画書とは?
  • なぜ経営計画書が必要なのか
  • 経営計画書作成の手順
  • 経営計画書の目次例
組織力の向上(会社好き・仲間好き・仕事好き)
  • 生産性向上には自立社員育成が鍵となる
  • こらからの理想とするチーム
  • 幸せな歯科医院を作り出すためには
  • 企業の使命を果たす存在になる
  • われわれはどこへ向かうべきか

最新採用時流×最新採用手法公開テキスト

全国の歯科医院が抱えている悩み「人財不足」。

歯科業界に限らず、日本全体で深刻な働き手不足が近づいてきている?

そんな中、採用時流と共に採用手法の一部も大公開

  • 日本全体、歯科業界の働き手事情とは…??
  • 歯科医院は4つの採用タイプに分けられる!?
  • 実際に採用手法は何をしていくべきなのか?
  • 採用を成功させるには、〇〇〇と〇〇〇が必須になってくる?

是非ご一読ください!(全9ページ)

テキスト内容を見る

テキスト内容

日本の生産年齢人口
  • 深刻な働き手不足問題がそこまで到来している
安定採用するために
  • 採用活動を計画・実施していくことが大切
歯科業界の働き手市場
  • 特に有資格者採用がますます困難な状況に
これからを乗り切るために
  • 選ばれる歯科医院創りを目指す
貴院の組織を考える
  • 自院を把握することでなにをするべきか明確にする
半永続的に採用するために
  • 採用だけではなく、人財開発に力を注ぐ

2016年歯科医院経営時流予測セミナー ダイジェストテキスト

2015年12月開催の2016年歯科医院経営時流予測セミナーで実際に使用された、歯科業界の最新時流とデータが満載のテキストです。

明日からの経営の一助にぜひご一読ください!

(全39ページ)

セミナー講座とテキスト内容を見る

セミナー講座とテキスト内容

プロローグ

  • 経営者としての目線を上げる
  • 2016年度は時流適応力を高める(経営者力=時流適応力)
第1講座
  • メンテナンスの自費化という時流
第2講座
  • 今後の歯科業界
  • 長期的な補綴マーケットの動向
  • 短期的な補綴マーケットの動向
  • 今後の補綴マーケットの考え方
  • 歯科ドックの導入事例
第3講座
  • 歯科業界全体(患者数)の動向
  • 訪問歯科業界の動向
  • 介護報酬改定から読み解く食支援の重点化
  • 食支援ビジネスモデル
  • 食支援モデル導入数値シミュレーション(1年目)
  • 食支援モデル導入数値シミュレーション(2年目)
  • 食支援モデル導入数値シミュレーション(3年目)
  • 食支援モデル総括
  • 人財開発における2016年度マネジメント戦略

歯科医院経営研究会(FDI)のご案内

歯科医院経営研究会(FDI)とは、歯科医院の業績アップを目的に、歯科医院経営の時流や専門情報、即実践ツールの紹介、参加者同士の成功事例を共有する研究会です。

ページのトップへ戻る