歯科医院における宣伝広告費と費用対効果

2017年11月30日 (木)

コラムテーマ:
増患ノウハウ WEBマーケティング

皆さま、こんにちは。

船井総合研究所 歯科医院経営コンサルティングチームの小川 純平(オガワ ジュンペイ)でございます。

 

私は主に集患に焦点をあてたマーケティングを担当させていただいておりますが、
その中で、日々重要視していることが“歯科医院における宣伝広告費と費用対効果”です。

 

弊社としては、歯科医院における宣伝広告費(※)は、売上に対して3~5%程度。
また、新患の患者さま1人あたりの来院コストは5,000円以内が理想と考えております。
(※宣伝広告費には看板やWeb広告費、ポータルサイト登録料等が挙げられます。)
つまり、月々10万円の宣伝広告費をかけるのであれば、
1ヶ月で20人の新患の患者さまが来院されるのが理想ということです。

 

しかしながら、この宣伝広告費はあくまでも
保険診療の患者さまに焦点をあてた集患においていえることであり、

インプラントや自費義歯、矯正といった高度治療のマーケティングには
この5,000円以内という定義に当てはまりません。

もし、インプラントや自費義歯、矯正といった高度治療のマーケティングをお考えの方は、
一度、下記のような費用対効果をシュミレーションすることを広告会社等(もしくは弊社)に
ご相談いただければと思います。

 

(例)小児矯正の専門サイトを100万円かけて作成し、Web広告をかけた際の集患と売上予測

小児矯正

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

小川 純平

プロフィール詳細

立教大学法学部卒業。船井総合研究所 最優秀新人賞。入社後は主に集客(集患)のWEBマーケティングに従事。
最新のWEB広告手法を駆使し、歯科医院のみならず、法律事務所、社労士事務所、人材紹介会社、自動車販売店といった、あらゆる業種業態のクライアント先を持ち、業績アップに貢献。特に動画を活用したマーケティングにおいては、社内外問わず、他の追随を許さないノウハウを有している。

ページのトップへ戻る