【か強診】最新情報 2018年度報酬改定

2017年12月06日 (水)

コラムテーマ:
訪問歯科

皆さん、こんにちは。
船井総研歯科チームの川口克洋です。

早速ですが、昨日厚生労働省の方で議論されました、以下の資料をご参照ください。

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000186985.pdf

中央社会保険医療協議会 総会(第376回)

 

こちらを見ると現在の「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の施設基準の届出は、歯科診療所の約10%(平成29年4月1日時点)であります。

※議事次第:平成28年4月1日現在 歯科保険医療機関数(診療所):69,618施設) 保険局医療課調べ (か強診)7,031施設

また、か強診の施設基準の届出を行っていない理由は、人員配置基準であ

る「複数の歯科医師を配置又は歯科医師及び歯科衛生士を各1名以上配置」が最も多く約26%であった。
次いで「過去1年間に歯科訪問診療1又は2の算定実績があること」が約22%でありました。

 

今後の方向性としてましては、以下の様に示されております。

地域の関係者との連携体制を確保しつつ、口腔疾患の重症化予防や口腔機能維持のため、継続的な口腔
管理・指導が行われるよう、以下の観点からかかりつけ歯科医機能の評価及びかかりつけ歯科医機能強化
型歯科診療所の施設基準の見直しを検討してはどうか。
①う蝕や歯周病の重症化予防に関する継続的な管理の実績
地域連携(地域ケア会議等の介護に関する会議等への参加又は地域の健診事業等への協力等)の実績
在宅医療における継続管理や医療機関間の連携体制等に関する評価
④かかりつけ歯科医として必要な知識や技術の習得を推進するため、研修内容の見直し及び一定期間ごとの研修の受講

 

今回の資料で読み取れるキーワード

「歯科医院の地域包括ケア参入が必須」

「医科歯科連携の実施」

「地域ケア会議への参画」

が挙げらえます。この時流を読み、成功されている医院様が以下の医院様になります。

https://funai-dental.com/lp/houmonshika/syokushien/

時流を読み、年内には地域包括ケアへの参画の行動をお勧めいたします。

 

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

川口 克洋

プロフィール詳細

「訪問歯科に特化したコンサルタント」
今まで調剤薬局の施設・個人在宅における、案件獲得を行っており、独自のノウハウを持っている。そのノウハウを活かし、訪問歯科の在宅案件獲得を数多く手掛けており、営業マンの育成、在宅医療の案件獲得の仕組み作りに精通いる。特に施設獲得後の、施設側の満足度を向上させていくことに定評がある。
また、歯科医院の外来・採用・訪問全てにおける戦略立案から戦術・先頭までキメ細かい提案を行うと共に、院長・職員の「想い」を第一においたコンサルティングをモットーとしている。

ページのトップへ戻る