みんなが言っている話‐歯科医院経営のツボ‐

2013年08月28日 (水)

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは

船井総研の森 太寅(もり たかのぶ)です。

 

「みんなが言っている」といった言葉を使う時に、

2、3人から聞いた情報で判断してしまった経験は、

多かれ少なかれ誰でもあるのではないでしょうか?

 

この時に厄介なのが、

自分にとって都合の良い人の意見であったり、

仲の良いグループで話されていることであったり、

情報の出所からすでに偏っている可能性があるということです。

 

 

全国の歯科医院に経営相談でお伺いする際に、

相談内容として挙がってくるのは、

自費率アップ

→現在は保険で治療しているが、自費化したい

→自費率が上がらないので、仕組みを整えてほしい

増患・固定化

→まだ開業から年数が経っていないので、知名度を上げたい

→周りに大きな歯科医院が出来た影響で、以前より患者数が減ってしまった

→レセプトが増えないので、月によって売り上げが変動する

組織の活性化

→スタッフのやる気がない

→スタッフが思ったように動いてくれない

→自分のやりたいことがスタッフに伝わっていない

など、本当に多岐に渡ります。

 

ただ、最初に院長先生に話をお聞きする段階で、

全てを鵜呑みにしてしまっていては、

こちらが判断を誤ってしまう場合があります。

 

ですので、医院の現状に関しては、

話を素直に聞くだけにすることが大切だと感じています。

現場で働いている肌感覚は重要なものだとは思いますが、

事実と離れてしまっている可能性があるからです。

 

例えば、自費率が低い(10%以下)歯科医院では、

「地域的に自費率が低いから仕方がない」

という話をよくお聞きします。

 

ここで、あえて言わせていただくのであれば、

→自院に来院している患者層だけで判断してしまっていないか?

→2、3院の先生から聞いた情報だけで結論づけていないのか?

→周りに自費率が高い医院が本当にないのか?

など様々な角度から疑問を投げかけることができます。

 

「地域的に自費率が低いから仕方がない」

と理由をつけて納得してしまうことは、

本当にもったいないことだと思います。

「みんなが言っている話」と同じで、

自分が納得できる都合の良い情報だけで、

判断してしまっているからです。

 

自分に肯定的な情報を集めたがるものですが、

思っていた事実とは別の情報が入ってきた時に、

素直に受け止めて、

さらに、疑問を投げかけることが必要ではないでしょうか?

そうすることで、

現状=立ち位置を知ることができると思うのです。

現状を正しく認識することは、

行動を起こすための第一歩です。

 

「みんなが…」という情報の多くが、

実は一部の少数派になっていることは多いです。

自分が少数派になってしまっていないか、

一度振り返っていただければと思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

森 太寅

プロフィール詳細

「治療技術は一流でスタッフの方々に対する愛情もあるのに、そのことを上手く伝えられていない院長先生が圧倒的に多い」。コンサルティングの現場で感じた経験から、院外・院内での情報発信、先生とスタッフの円滑なコミュニケーションを図り、先生の思いを実現できる医院の姿を目指していく。先生、スタッフ、患者さま、それぞれの間に入り、「つなぐ」ことをコンサルティングの信条としている。

ページのトップへ戻る