歯科医師・歯科衛生士の大量採用

2016年10月15日 (土)

コラムテーマ:
歯科医院経営

今年は売上が5億以上の大型のクライアントから、

「歯科医師、歯科衛生士を複数名採用したい」という要望に応えるため、

採用活動が本格化する夏前から準備し、採用につなげていきました。

 

全国各地で新卒の歯科医師、歯科衛生士の内定を出した、

既卒で採用につながったという嬉しいご報告をいただいています。

 

7月からご支援させていただいている兵庫の歯科医院様でも、

短期決戦で準備をしたにも関わらず、すでに歯科衛生士で内定を出し、

かつ、10名以上の見込みの獲得に成功しています。

さらに、歯科助手、管理栄養士も応募が連日続いている状態で、

歯科では珍しい多職種での採用の成功例につながる見込みです。

 

通常は1~2名を採用したいというのが大半のニーズになりますが、

法人の規模として3億円以上を越えてきますと、5名以上の採用が必要なケースがあります。

 

大量採用が必要なケースはいかに効果的な施策を組み合わし、

自院の魅力を最大限外部へと発信していかないといけません。

 

新卒の歯科衛生士の求人倍率が、

18.4倍と昨年に引き続き過去最高数値を更新している中で、

採用の厳しさはますます激しくなることが予想されます。

 

外部環境が変化する中で、従来通りの採用活動を続けていては、

人材不足に頭を抱えることになるかと思います。

 

意識の高い優秀な人財と出会うためには、

いかに早く動いていけるかが重要です。

 

すでにクライアントによっては、2017年採用ではなく、

2018年採用に向けて準備を進めていただいている場合もあります。

 

採用難の時代ではありますが、

その中でも採用が上手くいっている医院には、上手くいっている理由があります。

 

安定した人財を獲得するためにも、

採用の仕組み化に目を向けていただければ幸いです。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

森 太寅

プロフィール詳細

「治療技術は一流でスタッフの方々に対する愛情もあるのに、そのことを上手く伝えられていない院長先生が圧倒的に多い」。コンサルティングの現場で感じた経験から、院外・院内での情報発信、先生とスタッフの円滑なコミュニケーションを図り、先生の思いを実現できる医院の姿を目指していく。先生、スタッフ、患者さま、それぞれの間に入り、「つなぐ」ことをコンサルティングの信条としている。

ページのトップへ戻る