自由をはきちがえる

2013年07月22日 (月)

コラムテーマ:
日々の気づき

こんにちは

船井総研の森 太寅(もり たかのぶ)です。

 

自由には責任がともなう」という言葉は、

本当に的を射た表現だと思います。

 

自由に憧れる人は、

・型にはまりたくない

・他の人と同じ生き方はしたくない

 

このような気持ちが強いのではないでしょうか?

 

テレビや雑誌などで盛んに特集されていた

「ノマドワーカー」という生き方。

 

組織に属さず、

時間や場所に制限がなく、

好きな仕事をやりたいようにできる。

 

言葉だけを聞くと何だかかっこよく思える。

 

ただ、このような生き方が成立するのは、

周りから求められている役割を果たしている人だけ。

 

自由というものは、

周りから認められているからこそ成り立つもの。

 

現状に不満がある。

だから、別の生き方をしてみたい。

 

周りから求められている役割を果たさずに、

「自由な生き方」を形だけしてしまうのは、

ただの痛い人。

 

表面的な部分だけを、

自分の都合の良いように解釈していてはいけない。

 

自由=何をしても許される」という訳ではない。

 

自由という言葉は、

非常に都合良くとらえられがちです。

 

「任せるから自由にやって」

と言われたから、

今までにはない突飛なアイディアを出そうとする。

型にはまらないでやろうとすればするほど、本質から離れる。

 

これは、自由という言葉に惑わされてしまっているだけ。

 

まずは、基本を身につけないといけない。

基本を身につけているからこそ出来ることがある。

 

プロのスポーツ選手の華やかなプレーも、

それまでの積み重ねがあるからこそ成せる業。

 

基本を身につけていない人間が、

華やかさに憧れて、

いくら形だけを真似ても上手くいかない。

 

自由には責任が伴う。

 

船井総研という「自由」な会社で働いているからこそ、

その意味をはきちがえてはいけないと強く思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

森 太寅

プロフィール詳細

「治療技術は一流でスタッフの方々に対する愛情もあるのに、そのことを上手く伝えられていない院長先生が圧倒的に多い」。コンサルティングの現場で感じた経験から、院外・院内での情報発信、先生とスタッフの円滑なコミュニケーションを図り、先生の思いを実現できる医院の姿を目指していく。先生、スタッフ、患者さま、それぞれの間に入り、「つなぐ」ことをコンサルティングの信条としている。

ページのトップへ戻る